2018箱根駅伝。戦力分析とオーダー予想①「青山学院大学」

2018箱根駅伝。戦力分析とオーダー予想①「青山学院大学」
2018年 第94回箱根駅伝は終了しました。

12/10に箱根駅伝の登録メンバーが発表されました。

この登録メンバーに入った16名から、実際に箱根駅伝を走る10名が選ばれます(12/29に区間エントリーが発表されます)

これから数回に分けて有力チームの戦力分析とオーダー予想をしていきます。

初回であるこの記事では、前回の優勝チームで4連覇がかかる「青山学院大学」の戦力分析とオーダー予想をしています。

2018箱根駅伝「青山学院」登録メンバー。

氏名(学年)前回大会5000m10000mハーフマラソン選手ランク
平均タイム14:0029:091:03:43
下田 裕太(4)8区 区間賞13:5328:331:02:22A
田村 和希(4)7区 11位13:4328:181:01:56A
吉永 竜聖(4)13:4929:101:03:36B
近藤 修一郎(4)14:1129:421:04:06C
橋詰 大慧(3)13:4928:561:02:46B
山田 滉介(3)14:1429:211:03:46B
梶谷 瑠哉(3)1区 4位13:5528:521:03:48B
小野田 勇次(3)6区 2位13:4629:591:03:42B
森田 步希(3)4区 2位13:5828:441:03:01B
橋間 貴弥(3)14:0929:081:04:39C
林 奎介(3)14:1829:051:03:29B
鈴木 塁人(2)13:5328:311:02:55A
吉田 祐也(2)14:1329:171:03:55B
竹石 尚人(2)14:051:04:59C
中根 滉稀(2)14:1430:391:06:00D
神林 勇太(1)13:591:04:36C

⇑が箱根駅伝に登録されたメンバーになります(スマホの方は横画面でご覧ください)

一番右の選手ランクですが↓のような基準で独自に5段階で評価しています。

S=1.2.5区で区間賞候補
A=1.2.5区で区間上位
B=1.2.5区で区間中位、その他の区間では区間上位
C=1.2.5区では10位以内は難しい、その他の区間では区間中位
D=全ての区間で10位以内は難しい、または未知数

チームの戦力

スピード★★★★☆ 4.5

スタミナ★★★★★ 5

山の対応★★★☆ 3.5

総合力★★★★☆ 4.5

ストロングポイント。

とにかく選手層が厚く、タフな選手が多いことです。

長い距離やアップダウンに強い選手が多く、大学三大駅伝の中で最も「青学」向きなのが箱根駅伝だと思います。

ハーフマラソンのタイムを見ると、登録メンバーの全員の平均タイムが1:03:43と、単純に1km/3分でちょうどで走れる計算です。

全員がきっちり平均1km/3分で走ればゴールタイムは10時間51分ですから大会記録に近いくらいでゴールできることになります。

要するに普段の力どおりに走れば、かなりの確率で優勝できると思います。

ウィークポイント。

まず、エースの1人である下田の状態がどうか?が最も気になるところです。

彼の状態次第で区間配置もかなり変わってくると思います。

そして出雲駅伝、全日本大学駅伝駅伝で出てしまった、青山学院らしからぬ”ちぐはぐさ”

箱根はトータル距離が長い分、ブレーキ=終了ではないですが1.2区や山でのブレーキは絶対に避けたいところです。

「青山学院」の予想オーダー。

往路1区 田村2区 鈴木3区 梶谷4区 森田5区 ?
復路6区 小野田7区 吉田8区 山田9区 林10区 吉永
当日エントリー下田橋詰
補欠近藤橋間竹石中根
神林

⇑青山学院の予想オーダーです(私が監督ならという視点で作っています)

今シーズンの青山学院は出雲駅伝、全日本大学駅伝とも1区で失敗しています。

なので、1区は最も信頼がおけるエース田村でまず区間上位で2区に繋ぎます。田村で遅れたらもう仕方ないですもんね。

2区は長い距離に強い下級生エースの鈴木塁人。区間5位以内で走れる力はあります。

3.4区は昨年も箱根駅伝を経験している2人を配置します。

問題は5区です。

下田が完全なら5区で使いたいところですが、少しでも不安があるならば橋詰ですかね(2区の鈴木塁人という手も)

往路優勝できれば、総合優勝もかなり濃厚でしょう。

往路優勝できなくても、トップから1:30くらいの差では復路スタートしたいですね。

6区は昨年も同区間を走っている小野田で。

7.8.9区は下田の状態次第で変更できるようにしておきます。

10区は最上級生で力のある吉永でフィニッシュです。

目指せ4連覇。

4連覇を目指す青山学院ですが、今年は過去3年より若干力が落ちます。

とはいえ総合力がものをいう箱根駅伝ですから、これだけ選手層が厚いのは相当な強みです。

下田が万全な状態で走れればベストですが、そうではないなら外す選択もありかもしれません。

それでも十分優勝を狙える戦力ですからね。

でも出雲、全日本のように1.2区のブレーキはしないでほしいなぁ。

⇓1/29 箱根駅伝の区間エントリーが発表されました。それを見てのレース展望や優勝校予想をしました。







コメントを残す