2018箱根駅伝。戦力分析とオーダー予想③「神奈川大学」

2018箱根駅伝。戦力分析とオーダー予想③「神奈川大学」
2018年 第94回箱根駅伝は終了しました。

12/10に箱根駅伝の登録メンバーが発表されました。

この登録メンバーに入った16名から、実際に箱根駅伝を走る10名が選ばれます(12/29に区間エントリーが発表されます)

数回に分けて有力チームの戦力分析とオーダー予想をしています。

⇓前回は今シーズンの出雲駅伝を制し、箱根駅伝悲願の初優勝を狙う「東海大学」の戦力分析とオーダー予想をしました。

3校目であるこの記事では、今シーズンの全日本大学駅伝の優勝チーム「神奈川大学」の戦力分析とオーダー予想をしています。

2018箱根駅伝「神奈川大」登録メンバー。

氏名(学年) 前回大会 5000m 10000m ハーフマラソン 選手ランク
平均タイム 14:08 29:19 1:04:16
秋沢 啓尚(4) 14:33 29:56 1:03:35 C
枝村 高輔(4) 14:16 29:30 1:05:41 C
大川 一成(4) 9区 9位 14:10 29:15 C
大塚 倭(4) 8区 2位 13:48 28:59 1:03:12 B
大野 日暉(4) 5区14位 14:08 29:18 1:03:15 B
鈴木 健吾(4) 2区 1位 13:57 28:30 1:01:36 S
鈴木 祐希(4) 6区 4位 13:49 28:52 B
西田 秀人(4) 14:29 29:30 1:05:15 C
田中 翔太(3) 14:31 29:59 1:04:39 C
多和田 涼介(3) 14:11 29:04 1:05:29 C
山藤 篤司(3) 1区 5位 13:46 28:25 A
荻野 太成(2) 13:48 29:17 C
越川 堅太(2) 3区 15位 13:57 29:13 C
宗 直輝(2) 14:03 29:16 1:04:08 C
安田 共貴(2) 14:15 29:26 1:04:46 C
北崎 拓矢(1) 14:33 30:38 1:05:29 D

⇑が箱根駅伝に登録されたメンバーになります(スマホの方は横画面でご覧ください)

一番右の選手ランクですが、↓のような基準で独自に5段階で評価しています。

S=1.2.5区で区間賞候補
A=1.2.5区で区間上位
B=1.2.5区で区間中位、その他の区間では区間上位
C=1.2.5区で区間10位以下、その他の区間では区間中位
D=全ての区間で10位以内は難しい、または未知数

チームの戦力

スピード★★★★ 4

スタミナ★★★★ 4

山の対応★★★ 3

総合力★★★★ 4

ストロングポイント。

鈴木健吾という絶対的なエースがいることが最大の強みです。

今回の箱根駅伝に登録されている全選手の中でSランクを付けれるのは、山梨学院大のD・ニャイロと順天堂大の塩尻。

そして、この神奈川大の鈴木健吾の3人だけです。

間違いなく2区を走ると思いますが、コンディション次第では1時間6分台も狙えると思います。

ニャイロと塩尻以外の選手にはおそらく2分近いアドバンデージを1人で築けるので、他校にとっては相当な脅威です。

そしてSランクに近いAランクの山藤という選手がいます。

彼が1区を走ると思いますので、この1.2区のダブルエースが力どおり走れば、かなりの貯金を持って3区以降にのぞめるでしょう。

ウィークポイント。

ライバルである青山学院や東海大に比べると、やや選手層が薄いです。

それでも区間の上位で走れそうな選手が5,6人はいますので、その他の残りのメンバーがいかに粘れるかがポイントになりそうです。

そして5区を誰に任せるかも課題です。

昨年走った大野は区間15位でしたから、あまり登り向きではないのかもしれません。

神奈川大の場合、総合優勝するには青山学院や東海大より前で往路のゴールをするのが必須なので、この5区をいかに越えるかが悩みどころです。

「神奈川大」の予想オーダー。

往路 1区 山藤 2区 鈴木(健) 3区 越川 4区 大野 5区 大塚
復路 6区 鈴木(祐) 7区 安田 8区 荻野 9区 大川 10区 秋沢
当日エントリー
補欠 枝村 西田 田中 多和田 北崎

⇑神奈川大の予想オーダーです(私が監督ならという視点です)

1.2区は前項で書いた通りダブルエースで一気に貯金を作ります。

青山学院、東海大に対して最低2分、できれば3分リードがほしいです。

3,4区は昨年も箱根を経験した2人で粘り、5区の山登りは昨年8区で好走した大塚に任せてみました。

少なくても1分以上リードして往路優勝しなければ、総合優勝は厳しくなります。

6区は昨年同区間4位の鈴木祐希でリードを保ち、7∼10区はとにかく粘る作戦です。

とにかく先行逃げ切りで追いつかれた時点で優勝争いからは脱落。

そんな編成にしました。

20年ぶりの復活優勝なるか?

1.2区の貯金を、残り8区間160km以上どう守るか?

正直難しいですが、駅伝は先行逃げ切りが有利なのは間違いないです。

ライバルの青山学院、東海大が焦って”ちぐはぐ”になっていけば勝機はあります。

まずは往路優勝へ、その先に20年ぶりの総合優勝があります。

⇓1/29 箱根駅伝の区間エントリーが発表されました。それを見てのレース展望や優勝校予想をしました。







コメントを残す