2018箱根駅伝。戦力分析とオーダー予想④「日本体育大学」

2018箱根駅伝。戦力分析とオーダー予想④「日本体育大学」
2018年 第94回箱根駅伝は終了しました。

12/10に箱根駅伝の登録メンバーが発表されました。

この登録メンバーに入った16名から、実際に箱根駅伝を走る10名が選ばれます(12/29に区間エントリーが発表されます)

数回に分けて有力チームの戦力分析とオーダー予想をしています。

⇓前回は今シーズンの全日本大学駅伝を制し、箱根駅伝20年ぶりの優勝を狙う「神奈川大学」の戦力分析とオーダー予想をしました。

4校目であるこの記事では、今大会ダークホース的存在になりそうな「日本体育大学」の戦力分析とオーダー予想をしています。

2018箱根駅伝「日体大」登録メンバー。

氏名(学年) 前回大会 5000m 10000m ハーフマラソン 選手ランク
平均タイム 14:10 29:09 1:04:31
小町 昌矢(4) 2区 18位 13:56 28:48 1:03:00 B
重松 尚志(4) 14:15 29:25 1:04:10 C
城越 勇星(4) 7区 2位 14:00 28:53 1:03:20 B
住田 優範(4) 14:15 29:05 1:04:43 C
辻野 恭哉(4) 5区 9位 13:58 28:58 1:03:38 B
富安 央(4) 4区 10位 14:04 28:49 1:03:33 B
吉田 亮壱(4) 3区 4位 13:55 28:52 1:03:02 B
林田 元輝(3) 14:16 29:34 1:04:48 C
三原 卓巳(3) 14:08 29:08 1:03:55 C
室伏 穂高(3) 9区 14位 14:07 29:14 1:03:50 C
山口 晟弥(3) 14:14 29:27 1:07:04 D
中川 翔太(2) 8区 12位 14:01 28:59 1:03:04 B
濱田 諒(2) 14:33 29:27 1:06:48 D
廻谷 賢(2) 14:19 29:23 1:04:40 C
森田 諒太(2) 14:35 29:18 1:06:29 D
山口 和也(2) 14:03 29:05 1:06:17 C


⇑が箱根駅伝に登録されたメンバーになります(スマホの方は横画面でご覧ください)

一番右の選手ランクですが、↓のような基準で独自に5段階で評価しています。

S=1.2.5区で区間賞候補
A=1.2.5区で区間上位
B=1.2.5区で区間中位、その他の区間では区間上位
C=1.2.5区で区間10位以下、その他の区間では区間中位
D=全ての区間で10位以内は難しい、または未知数

チームの戦力

スピード★★★☆ 3.5

スタミナ★★★★ 4

山の対応★★★☆ 3.5

総合力★★★★ 4

ストロングポイント。

高いレベルで安定した選手が多いことです(特に4年生)

4年生は、どの選手も1.2.5区以外では区間5位前後で走れる力があります。

長丁場の箱根駅伝では、この抜群の安定感はかなりプラス材料になります。

そして前回5区を区間の9位と、まずまずの成績でまとめた辻野がいるのも強みです。

山登りで大きく遅れる可能性が少ないため、その他の区間の配置が楽になります。

ウィークポイント。

安定感は抜群ですが絶対的なエースが不在です。

各大学がエースを配置してくる1.2区で、いかに遅れを最小限にするかが最大の課題です。

1区は1時間4分、2区は1時間9分くらいで走破できれば、選手層は厚いので後半の追い上げに望みが出てきます。

神奈川大とは2∼3分差、青山学院と東海大とは1分差くらいでなんとか3区以降に繋ぎたいところです。

「日体大」の予想オーダー。

往路 1区 吉田 2区 小町 3区 中川 4区 富安 5区 辻野
復路 6区 𢌞谷 7区 三原 8区 室伏 9区 林田 10区 城越
当日エントリー 住田 重松
補欠 山口(晟) 濱田 森田 山口(和)

⇑日体大の予想オーダーです(私が監督なら、このような区間配置にします)

1.2区はチーム内で最も強い2人を並べて遅れを最小限にしたいです。それぞれ区間賞から1分くらいの遅れで留めてくれれば上々です。

3区はスピードのある中川、4区富安で差を広げられないように。

5区辻野で差を詰めたいですね。

往路は1∼2分差くらいでゴールしたいです。

復路は2.3年生中心にしましたが、4年生の住田、重松を当日の調子を見てエントリー変更できるように残しました。

3強の一角崩しなるか?

復路の力を比べてみると、青山学院>東海大=日体大>神奈川大という力関係だとみています。

なので往路(特に1.2区)の頑張り次第では、3強のうちどこかを破って3位に入ることは可能だと思います。

流石に総合優勝は、よほどのミラクルがないと難しいですが…。

強い4年生が揃う今回は台風の目になるかもしれません。

⇓1/29 箱根駅伝の区間エントリーが発表されました。それを見てのレース展望や優勝校予想をしました。







コメントを残す