2018箱根駅伝を展望します。

2018箱根駅伝を展望します。
2018年 第94回箱根駅伝は終了しました。

1/29箱根駅伝の区間エントリーメンバーが発表されました!

区間エントリーメンバー↔補欠のメンバーは4名までは変更することができますが、区間エントリー者同士の変更はもうできません(例えば1区と2区を入れかえようなど)

区間エントリーはかなりのサプライズがありました。

この記事では事前の登録メンバーと区間オーダーをもとに、2018箱根駅伝の展望をしていきます。

最後には優勝校予想をしました。

箱根駅伝のコースと優勝の条件。


⇑箱根駅伝のコースです(マップは往路ですが、復路も基本的にほぼ同じ道を戻るコースです)

コースレイアウトは昨年から変更はありません。

東京大手町をスタート・ゴールとする10区間 217.1km
◯往路1/2(火)
第 1 区(21.3km)大手町 読売新聞社前~鶴見
第 2 区(23.1km)鶴見~戸塚
第 3 区(21.4km)戸塚~平塚
第 4 区(20.9km)平塚~小田原
第 5 区(20.8km)小田原~箱根町 芦ノ湖駐車場入口
◯復路1/3(水)
第 6 区(20.8km)箱根町 芦ノ湖駐車場入口~小田原
第 7 区(21.3km)小田原~平塚
第 8 区(21.4km)平塚~戸塚
第 9 区(23.1km)戸塚~鶴見
第 10 区(23.0km)鶴見~日本橋~大手町 読売新聞社前

全区間が20kmを超える距離があり、総距離が200km以上の長丁場のレースです。

補欠を含めチーム16人全員の総合力と、アップダウンの多いコースに対応する力が求められる大会です。

中でもポイントとなる区間は往路の1区、2区、5区。

まず大前提として、この3区間でブレーキを起こさないことが優勝の絶対条件になります。

参加校と有力チームの戦力分析。

大学名出場回数チーム評価ランク
青山学院大学10年連続23回目S
東洋大学16年連続76回目B
早稲田大学42年連続87回目B
順天堂大学7年連続59回目B
神奈川大学8年連続49回目A
中央学院大学16年連続19回目B
日本体育大学70年連続70回目B
法政大学3年連続78回目C
駒澤大学52年連続52回目B
東海大学5年連続45回目S
帝京大学11年連続19回目C
大東文化大学6年連続49回目C
中央大学2年ぶり91回目D
山梨学院大学32年連続32回目C
拓殖大学5年連続39回目C
國學院大学2年連続11回目C
国士舘大学2年連続46回目D
城西大学2年ぶり14回目D
上武大学10年連続10回目D
東京国際大学2年ぶり2回目D
関東学生連合4年連続15回目

⇑が今回の参加チーム20チーム+オープン参加の関東学生連合です。

チーム評価ランクとは、私独自の指標で下記のような感じです。
S→優勝候補
A→力通りの走りをすれば優勝があるかも
B→シード権はとれそうだが優勝は難しい
C→なんとかシード権をとりたい
D→今回は経験を積むことが大事

今大会はよほどのトラブルがなければSランクの「青山学院」「東海大」、Aランクの「神奈川大」の3チームのいずれかが優勝すると思います。

青山学院大学。

区間氏名(学年)ハーフマラソンベスト
(20km)
選手ランク
1鈴木 塁人(2)1:02:55A
2森田 歩希(3)1:03:01A
3田村 和希(4)1:01:56A
4橋詰 大慧(4)1:02:46B
5竹石 尚人(2)1:04:59C
6小野田 勇次(3)1:03:42B
7神林 勇太(1)1:04:35C
8山田 滉介(3)1:03:46B
9近藤 修一郎(4)1:04:06C
10吉永 竜聖(4)1:03:36B
下田 裕太(4)1:02:22A
梶谷 瑠哉(3)1:03:48B
橋間 貴弥(3)1:04:38B
林 奎介(2)1:03:28B
中根 滉稀(2)1:06:00D
吉田 祐也(2)1:03:55B

⇑は青山学院の区間エントリーですが、かなり意外な区間配置で驚きました!

選手ランクとは、私が独自の基準で記載したもので以下のようになります。
S→エース区間(主に1.2.5区)でかなりアドバンテージが見込める
A→エース区間では区間上位、それ以外の区間ではかなりアドバンテージが見込める
B→エース区間では区間中位、それ以外の区間では区間上位
C→エース区間では区間10位以下、それ以外の区間では中位
D→全ての区間で区間10位以下、または未知数である

1区が鈴木塁人とは…ちょっと心配ですね。

1区は例年東京と神奈川県境の六郷橋あたりで、急激にペースアップします。

鈴木塁人はスタミナはすごいですが、スプリント力はちょっと疑問ですので…

そして2区が森田。力のあるランナーですが2区は経験がいりますからね。

もし1区で出遅れていたりすると、かなり不安です。

そしてなんと言ってもエース下田が補欠にいます。

おそらくエントリー変更でどこかの区間には入れてくるでしょうが、オーダーを見る限り5区、7区のどちらかかな。

下田が5区ならトップから1分差くらい。復路に回すのであれば2分差くらいでは往路を終えたいですね。

もちろん往路優勝のような展開になれば、総合優勝も濃厚です。

東海大学。

区間氏名(学年)ハーフマラソンベスト
(20km)
選手ランク
1関 颯人(2)1:03:12B
2阪口 竜平(2)D
3鬼塚 翔太(2)1:02:03B
4春日 千速(4)1:02:41B
5松尾 淳之介(4)1:02:17B
6中島 怜利(2)1:03:34B
7國行 麗生(4)1:02:39B
8郡司 陽大(2)1:03:23B
9湊谷 春紀(3)1:02:54B
10川端 千都(4)1:02:23A
三上 嵩斗(3)1:04:51B
湯澤 舜(3)1:03:12C
高田 凛太郎(2)1:03:03B
館澤 亮次(2)1:03:14B
西川 雄一朗(2)1:03:16C
西田 壮志(1)1:04:01C

こちらも青山学院以上にサプライズな区間エントリーでした!

まさか2区に阪口を持ってくるとは驚きました。

出雲駅伝を見る限り相当強いとは思いますが、なんせ長い距離の公式記録がない選手ですからね。

補欠メンバーを見る限りエントリー変更で2区になりそうな選手はいませんので、ほぼ決定でしょう。

あとは1区関と3区鬼塚の配置ですね。

前回1区で結果を出している鬼塚をあえて3区にしていますので、関の調子がいいのでしょうか?

ハーフマラソンの力どおりに走れば青山学院よりも力は上です。あとはコースにアジャストできるかどうか。

復路を余裕を持って展開するためにも、往路は青山学院より前でゴールしたいところです。

神奈川大学。

区間氏名(学年)ハーフマラソンベスト
(20km)
選手ランク
1山藤 篤司(3)(59:58)
A
2鈴木 健吾(4)1:01:36S
3越川 堅太(2)(1:01:07)C
4大塚 倭(4)1:03:12B
5荻野 太成(2)C
6安田 共貴(2)1:04:46C
7多和田 涼介(3)1:05:29C
8西田 秀人(4)1:05:15C
9北崎 拓矢(1)1:05:29D
10鈴木 祐希(4)(1:00:34)B
枝村 高輔(4)1:05:41C
秋澤 啓尚(4)1:03:35C
大川 一成(4)(1:01:04)C
大野 日暉(4)1:03:15B
田中 翔太(3)1:04:39C
宗 直輝(2)1:04:08C

神奈川大はほぼ予想通りのオーダーでした。

5区にあまりデータのない2年の荻野がエントリーされていますので、山用の秘密兵器なのか?またはまだ悩み中で当日のエントリー変更があるでしょう。

そして補欠にそこそこ強い4年生を多く残していますので復路はガラッとメンバーが変わるかもしれません。

神奈川大の場合はとにかく1区2区で、どれだけ後ろを離せるかにかかっています。

青山、東海に追いつかれた時点で総合優勝は難しくなります。

全日本大学駅伝は付いて行って鈴木健吾につなぐレースでしたが、箱根は3区以降160km以上逃げなければなりません。

そこがどうなるか…

その他のチーム。

○日本体育大学

区間氏名(学年)ハーフマラソンベスト
(20km)
選手ランク
1吉田 亮壱(4)1:03:02B
2城越 勇星(4)1:03:20B
3三原 卓巳(3)1:03:55C
4富安 央(4)1:03:33B
5辻野 恭哉(4)1:03:38B
6𢌞谷 賢(2)1:04:40C
7住田 優範(4)1:04:43C
8山口 和也(2)1:06:17C
9室伏 穂高(3)1:03:50C
10重松 尚志(4)1:04:10C
小町 昌矢(4)1:03:00B
林田 元輝(3)1:04:48C
山口 晟弥(3)1:07:04D
中川 翔太(2)1:03:04B
濱田 諒(2)1:06:48D
森田 諒太(2)1:06:29D

今回の箱根駅伝は優勝ということで考えれば「青山学院」「東海大」「神奈川大」のどこかだと思います。

ただ1角崩しとすればBランクのチーム全てにチャンスがあると思います。

Bランクチームの中でも日体大は、強い4年生が揃い今年が勝負です。

区間エントリーもほぼ予想通りでしたが、エース格の小町を補欠に残していますので、どこかでエントリー変更してくるでしょう。

○山梨学院大学

区間氏名(学年)ハーフマラソンベスト
(20km)
選手ランク
1永戸 聖(3)1:02:37A
2D・ニャイロ(3)1:00:50S
3首藤 貴樹(2)1:04:51C
4川口 竜也(2)1:03:56C
5上田 健太(4)1:02:01A
6比夫見 将吾(4)1:07:16D
7出木場 風吹(3)1:05:37C
8古賀 裕樹(4)1:04:06C
9藤田 義貴(3)1:04:05C
10片山 優人(3)1:04:07C
市谷 龍太郎(4)1:03:31B
河村 知樹(4)1:03:50C
菅井 宏人(4)1:07:07D
井上 広之(4)1:06:14D
中村 幸成(2)1:05:50D
宮地 大輝(2)1:04:32C

優勝争いには絡まないチームですが、個人的に応援しているので記載しました。

序盤では神奈川大に唯一付いていけるオーダーです。

流れに乗って往路は神奈川大にできるだけ付いていき、復路は粘ってシードを取ってほしいですね。

ニャイロ、永戸、久保が4年になる来シーズンに向けて。

2018年箱根駅伝の優勝チームは?

応援の意味も込めて「神奈川大学」の優勝に期待します!

普通に考えれば総合優勝は青山学院か東海大ですが、両校とも序盤のオーダーに不安があります。

青山学院は1.2区鈴木、森田は実力者ですが区間未経験です(鈴木は箱根初出走)

東海大も1区エース格の関と2区阪口と予想外の配置にしてきました。

うまく流れに乗れればいいですが、出遅れの危険もはらんでいると思います。

この記事の最初の方でも書きましたが1.2.5区でブレーキが起きた場合、たとえSランクのチームでも優勝は厳しくなると思っています。

その点、神奈川大は1.2区で遅れる可能性はほとんどないです。

2区終了時で3分差があけば可能性はあります。3分差があれば3区以降のランナーに気持ちのゆとりができ、力以上の走りができるかもしれません。

そのためには1区山藤が区間賞かそれに近いあたりで走り、2区鈴木健吾が1時間6分台で走ることが条件です。

さぁ結果はどうなるでしょうか?

⇓2018年 箱根駅伝(往路)を振り返った記事です。







コメントを残す