2018箱根駅伝。戦力分析とオーダー予想②「東海大学」

2018箱根駅伝。戦力分析とオーダー予想②「東海大学」
2018年 第94回箱根駅伝は終了しました。

12/10に箱根駅伝の登録メンバーが発表されました。

この登録メンバーに入った16名から、実際に箱根駅伝を走る10名が選ばれます(12/29に区間エントリーが発表されます)

数回に分けて有力チームの戦力分析とオーダー予想をしています。

⇓初回は前回王者で4連覇がかかる「青山学院大学」の戦力分析とオーダー予想をしました。

2校目であるこの記事では今シーズンの出雲駅伝を制し、箱根駅伝悲願の初優勝がかかる「東海大学」の戦力分析とオーダー予想をしています。

2018箱根駅伝 「東海大」登録メンバー。

氏名(学年)前回大会5000m10000mハーフマラソン選手ランク
平均タイム13:5529:021:03:06
春日 千速(4)8区 5位13:5229:051:02:41B
川端 千都(4)9区 5位13:4928:321:02:23A
國行 麗生(4)13:5128:431:02:39B
三上 嵩斗(3)13:4728:321:04:51B
湊谷 春紀(3)13:5328:411:02:54B
湯澤 舜(3)14:1929:131:03:12C
鬼塚 翔太(2)1区 2位13:3828:171:02:03A
郡司 陽大(2)13:5729:051:03:23C
阪口 竜兵(2)13:4130:12D
関 颯人(2)2区 13位13:3528:231:03:12B
高田 凛太郎(2)14:1128:571:03:03B
館澤 亮次(2)5区 13位13:4829:501:03:14B
中島 怜利(2)6区 8位14:0629:151:03:34B
西川 雄一朗(2)13:5629:181:03:16C
松尾 淳之介(2)4区 12位13:5628:501:02:17B
西田 壮志(1)14:1529:361:04:01C
⇑が箱根駅伝に登録されたメンバーになります(スマホの方は横画面でご覧ください)

一番右の選手ランクですが↓のような基準で独自に5段階で評価しています。

S=1.2.5区で区間賞候補
A=1.2.5区で区間上位
B=1.2.5区で区間中位、その他の区間では区間上位
C=1.2.5区で区間10位以下、その他の区間では区間中位
D=全ての区間で10位以内は難しい、または未知数

チームの戦力

スピード★★★★★ 5

スタミナ★★★★☆ 4.5

山の対応★★★ 3

総合力★★★★☆ 4.5

ストロングポイント。

今シーズンの出雲駅伝を圧勝したように、スピードでは他の大学より頭一つ抜けています。

登録メンバーの5000m 10000mの平均タイムは青山学院よりも上です。

そして今大会ではハーフマラソンの平均も青山学院を上回りました!

平坦な区間でのスピード、選手層は大学ナンバーワンですね。

優勝するには平坦区間でどれだけ貯金ができるかが鍵になりそうです。

ウィークポイント。

最大の課題は5区の山登りをどうするか?です。

前回は当時ルーキーだった館澤が走っていますが、正直登り向きとは言えないような気がします。

ここを区間の5∼8位くらいで乗り越えられる選手が出てこなけば、総合優勝は厳しくなります。

そして、もう一つの不安材料が距離が長くアップダウンの多い箱根のコースで、実績を残している選手が少ないという点です。

5000m 10000m ハーフマラソンともに平均タイムでは青山学院を上回りましたが、箱根のコース内の実績では青山学院に分があります。

ここがアジャストできたら相当強いですけどね。

「東海大」の予想オーダー。

往路1区 鬼塚2区 川端3区 國行4区 関5区 松尾
復路6区 中島7区 館澤8区 三上9区 湊谷10区 春日
当日エントリー阪口高田
補欠湯澤郡司西川西田

⇑東海大の予想オーダーです(私が監督ならという視点です)

1区は昨年も1区で好走した鬼塚で問題ないでしょう。できれば区間賞がほしいです。

2区はスタミナがありタフな川端。青山学院とは同じくらい、神奈川大と2分以内で3区に繋げば上々です。

3区國行、4区で先頭に立ちたいですね。

5区は未知数ですが軽い走りをする松尾にしてみました。

往路ゴールは神奈川大より前でゴールする必要はありませんが、青山学院よりは前でゴールしないとまずいです。

6区は昨年も同区間を走った中島で粘り、7∼10区は大学駅伝で実績のあるメンバーでフィニッシュです。

使い所が難しいのが阪口です。今シーズンの出雲駅伝で1区を走り区間賞を取りました。

あの走りを見ると、かなりのランナーだと思うのですが長い距離が全く未知数なので、切り札的にエントリー変更できるよう残しておきました。

悲願の初優勝なるか?

安定した力を持つ上級生と圧倒的スピードで爆発力のある2年生組で、今年は悲願の総合初優勝のチャンスだと思います。

チームの持ちタイムという点ではナンバーワンですから、あとはコースにアジャストできるかだけが課題です。

その課題をクリアした時は出雲駅伝のような圧勝もあるかもしれません。

⇓1/29 箱根駅伝の区間エントリーが発表されました。それを見てのレース展望や優勝校予想をしました。







コメントを残す