2018-19大学駅伝開幕戦 第30回出雲駅伝を展望します。三つ巴の争いから東洋大が一気に決める!

2018-19大学駅伝開幕戦 第30回出雲駅伝を展望します。三つ巴の争いから東洋大が一気に決める!
2018第30回出雲駅伝は終了しました。
[2018/10/7更新] 宿屋「伊勢ピット」オーナーで、元陸上部の趣味ブロガー”おっさー”です。

現役時代は襷を結ぶのが苦手でグチャグチャのまま走ってました・・「初駅伝の留学生ランナーかよw」

→https://twitter.com/ossaa_log

→https://www.instagram.com/ossaa_log

さて2018年も10月になり、いよいよ大学駅伝のシーズンが開幕します!

男子の大学駅伝は10月の出雲駅伝・11月の全日本大学駅伝・年明けの箱根駅伝の3つのレースを、大学三大駅伝と位置付けています。

同じ年に3つのレース全てを勝つ事を『大学駅伝三冠』などと言ったりもしますよ(競馬のクラシックレースみたいですね)

この記事では、大学三大駅伝の開幕戦である第30回出雲駅伝の予想をしていきます!

↓で大会スポンサーの富士通が作成したPR動画が見れますよ(柏原くん引退して太ったなぁ)

まず今年の大学駅伝の勢力図ですが、青山学院大学・東洋大学・東海大学の3チームの力が抜けています。

出雲駅伝も3チームを中心にレースが展開されるのは間違いありません。

しかし「最終的に優勝するのは、東洋大学と予想します!」

それでは予想記事をどうぞ!

出雲駅伝のコースと勝負のポイント。

それでは第30回出雲駅伝のコースと勝負のポイントを書いていきます。


↑が出雲駅伝のコースになります。

昨年から変更点はありません。

スタート 出雲大社正面鳥居前
フィニッシュ  出雲ドーム前
6区間 45.1km

  • 1区(8.0km) 出雲大社正面鳥居前 → 出雲市役所・JAしまね前
  • 2区(5.8km) 出雲市役所・JAしまね前 → 斐川直江
  • 3区(8.5km) 斐川直江 → 平田中ノ島
  • 4区(6.2km) 平田中ノ島 → 鳶巣コミュニティセンター前
  • 5区(6.4km) 鳶巣コミュニティセンター前 → 島根ワイナリー前
  • 6区(10.2km) 島根ワイナリー前 → 出雲ドーム前

ずばり「速いチームが勝つ!」

出雲駅伝に勝つにはスピードです。

ポイント区間は1区と6区。

各区間の距離が短いので優勝争いをするようなチームは、ライバルに30秒以上の差をあけられると苦しくなります。

まずは1区で出遅れない事(遅れても20秒以内程度に食い止める)が1つ目のポイント。

そして最長区間のアンカー6区で、勝負を決定的にできるスピードランナーがいる事が2つ目のポイントです。

さらに2番目に長い3区にも1.6区と同等なスピードランナーを配置できるチームが優勝するでしょう!

区間距離が短い分、どの区間でもブレーキを起こせば優勝争いからは脱落となります。

第30回出雲駅伝の出場校と戦力分析。

では第30回出雲駅伝の参加校と戦力を見ていきましょう。

一番右のランクとは
S→優勝争い
A→三強の一角を崩せるか?
B→入賞争い
C→流れに乗れば1桁順位
D→参加することに意義がある

というような位置付けです。

NOチーム名地区出場回数ランク
1札幌学院大学北海道初出場D
2札幌国際大学北海道初出場D
3東北学連選抜東北30D
4青山学院大学関東9S
5東洋大学関東19S
6早稲田大学関東26A
7日本体育大学関東20B
8東海大学関東20S
9法政大学関東13B
10城西大学関東4B
11拓殖大学関東4B
12帝京大学関東8C
13中央学院大学関東9B
14北信越学連選抜北信越30D
15皇學館大学東海初出場D
16立命館大学関西16C
17京都産業大学関西26D
18大阪経済大学関西3D
19広島経済大学中国四国17D
20日本文理大学九州13D
21アイビーリーグ選抜21C

冒頭にも書きましたが今年の大学駅伝の勢力図は、青山学院・東洋・東海の3強です。

出雲駅伝もこの3チームのどこかが勝つのは間違いありません!

出雲駅伝の勝負のポイントは『スピード』です。


この3チームの中で最もスピードがあるのは昨年の優勝チームである東海大です。

5000mを13分半ばで走る選手がズラリ。連覇の可能性十分ながら不安材料もあります。

それは今年のトラックシーズンの走りを見る限りエース格の關・鬼塚の調子がやや物足りない。

そして昨年1区で区間賞、箱根駅伝の2区も走って好走したエース格の阪口が、故障で出雲には登録されていません。

それでも全員がブレーキなく力通りの走りをすれば、勝ってしまいそうですけれどね。

区間選手名(学年)5000mベスト10000mベスト
1区西川 雄一朗(3)13.5629.18
2区館澤 りょうじ(3)13.4829.50
3区
中島 怜利(3)13.5329.15
4区關 颯人(3)13.3528.23
5区郡司 陽大(3)13.5729.05
6区
湯澤 舜(4)14.1929.13
追記
区間エントリーを見ると、エース格の鬼塚がメンバーから外れました。
区間配置もけっこう意外な順番に見えますが、それでも層が厚く全体のバランスはいいですね。
ただしアンカーの湯澤のスピードが若干不安に思いますので、少なくともライバルより先に6区に入りたいはず。

青山学院はスピードではやや東海大に劣りますが、安定感が抜群です。

昨年は夏のような暑さにやられ1区で出遅れてしまいましたが、今年はそんなことはないでしょう。

今シーズンのトラックで絶好調だった橋詰を、どの区間に起用するか?

それによりプランが変わりますが、アンカーで起用するならばできるだけ(20秒以内くらい)東海・東洋から離されない。

1区や3区で起用するならば、その区間が終わった時点で20秒以上のリードがほしいですね。

原監督の区間配置に注目です。

区間選手名(学年)5000mベスト10000mベスト
1区橋詰 たいせい(4)13.3728.56
2区鈴木 塁人(3)13.5328.31
3区
森田 歩希(4)13.5428.44
4区吉田 圭太(2)13.5029.25
5区生方 敦也(3)13.5929.24
6区
竹石 尚人(3)14.0529.22
追記
橋詰は1区でした!
そしてかなり前半型のオーダーを組んできました。
3区終了時に少なくても東海大より前で、東洋大にはリードされても20秒差以内くらいで抑えたいところです。

正月の箱根駅伝2位に入った東洋大は、そのメンバーの大半が残り戦力充実で今シーズンの駅伝に臨みます。

中でも山本・相澤・西山の3本柱は超強力で、彼らが力通り走れば優勝争いに絡んでくるのは間違いないです。

しかし、3本柱に続く登録メンバーのスピードがやや東海大や青山学院に劣ります。

ですので、3本柱のメンバー全員が区間賞を取るくらいの活躍がないと、ちょっと優勝までは厳しいかもしれませんが好調なメンバーが多く、勢いに乗れば面白いです。

区間選手名(学年)5000mベスト10000mベスト
1区相澤 晃(3)13.4028.17
2区西山 和弥(2)13.4628.35
3区
山本 修二(4)13.5628.50
4区小笹 椋(4)14.1529.12
5区今西 駿介(3)14.0829.43
6区
吉川 洋次(2)14.1528.53
追記
前半型の超攻撃的なオーダーです!
1.2.3区にチームの柱3人を配置してきました。
距離は短いですが4.5区は多少不安があるので、3区終了時に先頭にいることが絶対条件。
アンカーに先頭で繋げれば優勝の可能性があります。

この他のチームで、3強の一角を崩せるとすれば早稲田大です。

5000mの持ちタイム13分50秒台〜14分の一桁台の選手が揃いスピードはあります。

ただし安定感という点で若干不安あり。特に出雲は一区間の距離が長くないのでブレーキを起こせば、たちまち終了です。

エース格である4年の永山がメンバー登録されていないのも気になりますね・・。

区間選手名(学年)5000mベスト10000mベスト
1区半澤 黎人(1)13.5830.01
2区小澤 直人(4)14.1329.40
3区
中谷 雄飛(1)13.4729.19
4区新迫 志希(3)13.4729.07
5区太田 直希(1)14.1330.39
6区
清水 歓太(4)14.0829.24
追記
これからの早稲田の駅伝を担うであろうルーキー3人を使ってきました!
上級生3人は爆発力こそ??ですが安定感ありですので、1年生3人が激走すれば三強の一角崩しもありえます。
特に1区の半澤の走りがキーになると思いますよ。

東洋大学の攻撃的オーダーに期待。

今年の大会は予想が難しいです・・。

最もこの出雲コースに適性があるであろう東海大はメンバー構成こそ強力ですが、直前までの主力の調子に疑問??

青山学院もメンバーは強いですが、コース適性の無さが疑問??

3チームの中でエース格の調子が一番良さそうで、かつコースにもそこそこ適性がある東洋大学を優勝予想チームにオシます!

超攻撃型の区間配置も面白いです!

心配された台風もどうやら一足先に通り過ぎそうでよかった・・。

今シーズンの出雲駅伝はどんな結果になるのか楽しみですね。

それでは、記事はこれで終わります。

↓こちらで終了した第30回出雲駅伝の回顧の記事を書いていますので合わせてどうぞ!







コメントを残す