2018MLBレギュラーシーズン展望① アメリカンリーグ東地区はライバルチームの一騎打ち!

2018MLBレギュラーシーズン展望① アメリカンリーグ東地区はライバルチームの一騎打ち!
2018MLBレギュラーシーズンの日程は全て終了しました。
[2018/10/1更新]

宿屋開業準備中で、MLB大好き趣味ブロガー「おっさー」です。→https://twitter.com/ossaa_log

いよいよ2018年のMLBの開幕が迫ってきました。

ほぼ、各チームのロースターが決まり、戦力予想ができる段階にきましたのでレギュラーシーズンの展望をしていきます。

まず初回である今回はアメリカンリーグの東部地区からです。

この地区はヤンキースとレッドソックスの完全な一騎打ちになりそうです。

私はヤンキースファンなので、もちろん地区優勝予想はヤンキースです!

それでは各チームの戦力分析をしていきましょう。

※選手の年齢は開幕時点での年齢を記載しています。

※記事内のロースター表をスマホでご覧になる際は横画面にしてください。

ボルチモア・オリオールズ。

今シーズンは『シーズン途中で再建モード』になるでしょう。

オフの補強を見ても、昨シーズン大炎上した投手陣も大きな戦力アップはなく、しかもリーグを代表するクローザーのZ・ブリットンがアキレス腱断裂で復帰は順調でもオールスター前後と、完全にお先真っ暗状態です…。

レギュラーが予想される野手メンバーは確かに長打力があり、一発の怖さはあります。

しかし、出塁率が低く、走れる選手もいないので得点がたくさん取れるか?というと厳しいですね。

どれだけ、マチャド、ベッカム、スコープが活躍できるか。彼ら3人が開幕から打ちまくることができれば、5割くらいの勝率をキープできる可能性はあります(確率は低いですが)

先発ピッチャー陣は昨シーズンに続き炎上してしまう感が漂います。エースのバンディは好きですけどね。

あと、ルール5ドラフトでヤンキースが取られてしまったコルテスJr.は技巧派の面白いピッチャーです。早いうちからローテーションに入れて育成してほしいなぁ。

背番号ポジション名前年齢出身地
75Pペドロ・アラウホ24ドミニカ共和国
51Pアレック・アッシャー26フロリダ州
48Pリチャード・ブライアー30フロリダ州
35Pブラッド・ブラック31ニュージャージー州
53P(DL)ザック・ブリットン30カルフォルニア州
37Pディラン・バンディ25オクラホマ州
54Pアンドリュー・キャッシュナー31テキサス州
50Pミゲル・カストロ23ドミニカ共和国
73Pネスター・コルテスJr.23フロリダ州
43Pステファン・クライトン26テキサス州
34Pケビン・ゴースマン27コロラド州
60Pマイケル・ギブンス27フロリダ州
57Pドニー・ハート27テキサス州
39Pハンター・ハービー23ノースカロライナ州
41Pデビッド・ヘス24テネシー州
71Pマイケル・ケリー25フロリダ州
62Pクリス・リー25ジョージア州
65Pヘスス・リランゾ23ドミニカ共和国
74Pホセ・メサ24フロリダ州
56Pダレン・オデイ35フロリダ州
32Pイエフェリー・ラミレス24ドミニカ共和国
66Pタナー・スコット23オハイオ州
30Pクリス・ティルマン29カルフォルニア州
28Pマイク・ライトJr.28サウスカロライナ州
31Pジミー・ヤカボニス26ニュージャージー州
49Pガブリエル・イノーア24ドミニカ共和国
36Cケイレブ・ジョセフ31テネシー州
15Cチャンス・シスコ23カルフォルニア州
27Cアンドリュー・スーザック28カルフォルニア州
29Cオースティン・ウインズ27カルフォルニア州
1IFティム・ベッカム28ジョージア州
19IFクリス・デービス32テキサス州
13IFマニー・マチャド25フロリダ州
6IFジョナサン・スコープ26キュラソー
12IFエンゲルブ・ビエルマ23ベネズエラ
18OFオースティン・ヘイズ22フロリダ州
10OFアダム・ジョーンズ32カルフォルニア州
16OFトレイ・マンシーニ26フロリダ州
23OFジョーイ・リカード27ネバダ州
25OFアンソニー・サンタンダー23ベネズエラ
45DHマーク・トランボ32カルフォルニア州

↑がこの記事を書いている段階でのロースターですが、オリオールズはプロスペクトも目玉の選手がおらず育成がうまくいっていません。

もはや、力のある野手陣をトレード期限前に出しまくって、若手有望株を獲得するのが最善なような気がします。

キーマンはもちろんマニー・マチャド。

どうせシーズンオフにはFAになってチームを去ることになるので、彼の価値+αの若手有望株数名と早めの交換するべきです。

ボストン・レッドソックス。

今シーズンは間違いなく『勝負をかけるシーズン』です。

昨シーズン同様にプレーオフに出るのはかなり濃厚でしょう。ワールドシリーズ制覇を目指しての戦いになります。

昨シーズン、オルティーズの引退で長打力不足感があった打線にJ・Dマルチネスが加入しバランスが更によくなりました。

もともと率の残せる打者が多いだけに、相当怖い打線になりそうです。

ブルペンも絶対的クローザーのキンブレルはじめ、↑のイラストに載せたソーンバーグ、ケリーと力通りの投球ができればリードした展開ではかなり勝つ確率が高いでしょう。

課題は先発陣です。

セールが崩れることまずないでょうが、ほかの4人は良いシーズンと悪いシーズンの波があって悪い方に出てしまうとセール頼みになってしまう可能性も…。

特に、ポーセロ、ポメランツは私は信用していません。

新監督のアレックス・コーラは昨シーズンアストロズのベンチコーチとしてワールドシリーズ制覇に貢献しました。

この人を監督にしたのは、きっとプラスですよ(ファレル前監督の采配はどうもね…)

背番号ポジション名前年齢出身地
32Pマット・バーンズ27コネティカット州
78Pジャレン・ビークス24アーカンソー州
79Pタイ・バットリー25ノースカロライナ州
29Pロエニス・エリアス29キューバ
37Pヒース・ヘンブリー29サウスカロライナ州
66Pウィリアムズ・ヘレス25ドミニカ共和国
61Pブライアン・ジョンソン27フロリダ州
56Pジョー・ケリー29カルフォルニア州
46Pクレイグ・キンブレル29アラバマ州
62Pオースティン・マドックス26フロリダ州
31Pドリュー・ポメランツ29テネシー州
22Pリック・ポーセロ29ニュージャージー州
24Pデビッド・プライス32テネシー州
57Pエドアルド・ロドリゲス24ベネズエラ
41Pクリス・セール29フロリダ州
36Pロビー・スコット28フロリダ州
67P
チャンドラー・シェファード25ケンタッキー州
39Pカーソン・スミス28テキサス州
47Pタイラー・ソーンバーグ29テキサス州
76Pヘクター・ベラスケス29メキシコ
44Pブランドン・ワークマン29テキサス州
35Pスティーブン・ライト33カルフォルニア州
3Cサンディ・リオン29ベネズエラ
23Cブレイク・スワイハート25テキサス州
7Cクリスチャン・バスケス27プエルトリコ
2IFザンダー・ボガーツ25アルバ
11IFラファエル・デバース21ドミニカ共和国
40IFマルコ・ヘルナンデス25ドミニカ共和国
12IFブロック・ホルト29テキサス州
5IFリン・ズーウェイ24台湾
17IFデベン・マレーロ27フロリダ州
18IFミッチ・モアランド32ミシシッピ州
10IFエドアルド・ヌニェス30ドミニカ共和国
15IFダスティン・ペドロイア34カルフォルニア州
59IFサム・トラビス24イリノイ州
16OFアンドリュー・ベニンテンディ23オハイオ州
50OFムーキー・ベッツ25テネシー州
19OFジャッキー・ブラッドリーJr.27バージニア州
28OFJ・D・マルチネス30フロリダ州
13DHハンリー・ラミレス34ドミニカ共和国

↑ロースターを見ると、あまりマイナーに有望株がいません。

これは、セール、キンブレル、プライスなど大物を獲得するために、トレード要員に使ってしまったんですねぇ。

ただし、ベッツ、ボガーツ、ベニンテンディ、デバースと既にレギュラーを手にしているメンバーが若いので、プロスペクトを育成する時間的余裕はあります。

とにかく、ベテランと若手が最もバランスのいい今シーズンにワールドシリーズ制覇をしないとこの先は少し厳しそうなので、レッドソックスは今年大事ですよ。

キーマンはデビッド・プライスです。

先ほども書きましたがエースのセールはまず活躍するでしょう。しかし3番手以降の先発ピッチャーは?印ですので、プライスの出来が悪いと先発陣がかなり不安定になります。

逆に、彼がサイ・ヤング賞をとった時のような成績が出せれば一気に見通しがよくなります。

ニューヨーク・ヤンキース。

本当の勝負は来年以降も『十分ワールドシリーズ制覇を狙える』シーズンです。

昨シーズン、ワールドシリーズまであと1勝まで進んだ若いチームが、さらなる飛躍をするかもしれません。

オフシーズン、スタントンがまさかの加入でビックリしましたね(個人的にはいらないけど)

レギュラーメンバーのバランスの良さはレッドソックス以上です。

先発陣は大崩れはまずないでしょう。全員が15勝前後できてしまう可能性が十分あります(2桁は最低いける)

そしてMLB全体でも最強と言えるブルペン。クローザーが3,4人連続で出てくるような厚みで、6回までリードを築いておけばかなり勝利は濃厚です。

弱点とすれば野手陣の経験不足。もし開幕ダッシュに失敗した際は多少の不安はありますが、昨シーズンの勝負強さを見る限り大丈夫でしょう。

監督がレッドソックス同様変わりました。

現役時代も好きだったアーロン・ブーン氏です。

采配等の監督としての力量は未知数ですが、陽気な性格らしく今のヤンキースに合っているのではないでしょうか。

背番号ポジション名前年齢出身地
87Pアルバート・アブレイユ22ドミニカ共和国
88Pドミンゴ・アセベド23ドミニカ共和国
68Pデリン・ベタンセス30ニューヨーク州
85Pルイス・セッサ25メキシコ
54Pアロルディス・チャップマン30キューバ
62Pジオバニー・ガレゴス26メキシコ
63Pドミンゴ・ヘルマン25ドミニカ共和国
55Pソニー・グレイ28テネシー州
57Pチャド・グリーン26サウスカロライナ州
61Pベン・ヘラー26ウィスコンシン州
65Pジョナサン・ホルダー24ミシシッピ州
48Pトミー・ケインリー28ニューヨーク州
89Pジョナサン・ロアイシア23ニカラグア
47Pジョーダン・モンゴメリー25サウスカロライナ州
30Pデビッド・ロバートソン32アラバマ州
52PC・C・サバシア37カルフォルニア州
40Pルイス・セベリーノ24ドミニカ共和国
45Pチェイセン・シュリーブ27ネバダ州
19P田中 将大29兵庫県
43Pアダム・ウォーレン30アラバマ州
38Cカイル・ヒガシオカ27カルフォルニア州
28Cオースティン・ロマイン29カルフォルニア州
24Cゲリー・サンチェス25ドミニカ共和国
67IFミゲル・アンドゥハー23ドミニカ共和国
26IFタイラー・オースティン26ジョージア州
33IFグレッグ・バード27テネシー州
29IFブランドン・デュルーリー25オレゴン州
90IFタイロ・エストラーダ22ベネズエラ
18IFディディ・グレゴリウス28オランダ
81IFグレイバー・トーレス21ベネズエラ
74IFロナルド・トレイエス25ベネズエラ
39IFタイラー・ウェイド23カルフォルニア州
14IFニール・ウォーカー32ペンシルベニア州
22OFジャコビー・エルズベリー34オレゴン州
77OFクリント・フレイジャー23ジョージア州
11OFブレット・ガードナー34サウスカロライナ州
31OFアーロン・ヒックス28カルフォルニア州
99OFアーロン・ジャッジ25カルフォルニア州
71OFビリー・マッキニー23テキサス州
27OFジャンカルロ・スタントン28カルフォルニア州

↑現時点でのロースターですが、ヤンキースの強みはこのプロスペクトの充実度にあります。

おそらく開幕はマイナーでしょうが、アンドゥハー、トーレス、ウェイドなど、将来性豊かな選手がゴロゴロいます(ロースターに入っていないその下の組織にも)

今メジャーで活躍しているジャッジ、サンチェス、バード世代が経験値を手に入れ、マイナーにいる若手有望株のトーレス世代が融合した時、本当の黄金時代が訪れるでしょう(+FA)

キーマンはジャッジやスタントンだと思いました?もちろん彼らの活躍は必要ですが、もっとも活躍が必須なのはルイス・セベリーノです。

彼はこれから数年にわたりヤンキースの投手陣を引っ張っていく大エースになる器があります。

セベリーノが順調に成長するか否かでヤンキースの未来が変わるとも言っていい。それぐらいの期待をしています。

タンパベイ・レイズ。

潔いファイヤーセールで『完全再建モード』

オフに長年チームの顔だったロンゴリア(他主力数名)を放出し、完全再建モードへ。数年は低迷が続くでしょう。

レギュラーメンバーがどう見ても寂しすぎます(マイナーのチームか??)

アーチャーやコロメといった良いピッチャーはかろうじて残っていますが、多分シーズン途中にトレードでチームを去ることになります。

とにかく潔く負けまくってドラフト上位指名権をとる方がいいでしょうね。

背番号ポジション名前年齢出身地
46Pホセ・アルバラード22ベネズエラ
35Pマット・アンドリース28カルフォルニア州
22Pクリス・アーチャー29ノースカロライナ州
53Pアンソニー・バンダ24テキサス州
63Pディエゴ・カスティーヨ24ドミニカ共和国
64Pヨニー・チリノス24ベネズエラ
37Pアレックス・コロメ29ドミニカ共和国
87Pホセ・デレオン25プエルトリコ
24Pネイサン・イオバルディ28テキサス州
34Pジェイク・ファリア24カルフォルニア州
59Pブレント・ハニーウェル23ジョージア州
58Pフー・チーウェイ24台湾
41Pダニー・ハドソン30バージニア州
43Pダン・ジェニングス30カルフォルニア州
36Pアンドリュー・キットリッジ28ワシントン州
65Pホセ・ムヒーカ21ベネズエラ
50Pオースティン・プルーイット28テキサス州
52Pチャズ・ロー31オハイオ州
54Pセルジオ・ロモ35カルフォルニア州
57Pジェイミー・シュルツ26ニューヨーク州
4Pブレイク・スネル25ワシントン州
55Pライン・スタネック26ミズーリ州
61Pハンター・ウッド24アーカンソー州
48Pライアン・ヤーブロー26フロリダ州
40Cウィルソン・ラモス30ベネズエラ
45Cヘスス・スークれ29ベネズエラ
1IFウィリー・アダメズ22ドミニカ共和国
21IFクリスチャン・アローヨ22フロリダ州
70IFジェイク・バウアーズ22カルフォルニア州
44IFC・J・クロン28カルフォルニア州
5IFマット・ダフィー27カルフォルニア州
11IFアデイニー・エチャバリア28キューバ
13IFブラッド・ミラー28フロリダ州
28IFダニエル・ロバートソン24カルフォルニア州
18IFジョーイ・ウェンドル27デラウエア州
27OFカルロス・ゴメス32ドミニカ共和国
39OFケビン・キアマイアー27インディアナ州
0OFマレックス・スミス24フロリダ州
2OFデナード・スパン34フロリダ州
71OFジャスティン・ウィリアムズ22ルイジアナ州

↑ロースターのメンバーを見てみると、充実とは言えないですが個性的な選手もいますね。

ハニーウェルというピッチャーはメジャーで早く見たいですね。絶滅危惧球種のスクリューが決め球らしいです。

ロースター入りはしていませんが大谷翔平と同じ2刀流のマッケイなんて選手もいますよ。

今シーズンは負けてドラフト上位指名権と、トレードでの若手有望株を取ることが使命ですね。

キーマンは選手ではいませんw

あえてあげるならGMと監督です。

いかに有望な若手選手を獲得し成長させるか。大変な事だと思いますが、成功すればフロントとしては最高の仕事です。

トロント・ブルージェイズ。

建前は勝負と言いつつ『現実的には再建へ』

エンカルナシオン放出後は年々戦力ダウンしていっているのが顕著で、GMはプレーオフ進出を目標にしていると言っているけど、この地区を勝ち抜くには厳しいです。

レギュラーが予想されるメンバーですが、野手陣は若さこそないけれど実力者が揃っていて戦えなくもない感じ。

先発陣もストローマン、ハップ、エストラーダとまずまず計算はできそうですが、ブルペンが弱いですね。

常に3,4点はリードしておかないと不安なレベルです。

前半戦、うまく乗り越えることができれば勝負の補強もありますが、オールスター前にプレーオフ進出が絶望的なら大物のトレード放出で一気に再建モード突入も。

オリオールズと似てますね(投手力はブルージェイズが上)

背番号ポジション名前年齢出身地
24Pダニー・バーンズ28ニューヨーク州
31Pジョー・ピアジーニ27カルフォルニア州
56Pライアン・ボルッキ24イリノイ州
50Pマット・ダーモディ27アイオワ州
25Pマルコ・エストラーダ34メキシコ
74Pハイミー・ガルシア31メキシコ
44Pテイラー・グリエリ25ジョージア州
33PJ・A・ハップ35イリノイ州
62Pアーロン・ループ30ルイジアナ州
58Pティム・メイザ26ペンシルベニア州
Pサム・モール26ウィスコンシン州
76PSeun Hwan Oh35韓国
54Pロベルト・オスーナ23メキシコ
45Pトーマス・パノン23ロードアイランド州
36Pカルロス・ラミレス26ドミニカ共和国
41Pアーロン・サンチェス25カルフォルニア州
6Pマーカス・ストローマン26ニューヨーク州
52Pライアン・テペラ30テキサス州
9Cダニー・ジャンセン23イリノイ州
21Cルーク・メイリー27ケンタッキー州
55Cラッセル・マーティン35カナダ
77Cルース・マグワイア23ワシントン州
1IFアレドミーズ・ディアズ27キューバ
20IFジョシュ・ドナルドソン32フロリダ州
13IFルルデス・グリエルJr.24キューバ
61IFギフト・ンゴエべ28南アフリカ
14IFジャスティン・スモーク31サウスカロライナ州
26IFヤンガービス・ソラーテ30ベネズエラ
22IFロウディ・テレーズ23カルフォルニア州
29IFデボン・トラビス27フロリダ州
2IFトロイ・トゥロウィツキ33カルフォルニア州
7IFリチャード・ウリーナ22ドミニカ共和国
30OFアンソニー・アルフォード24ミシシッピ州
18OFカーティス・グランダーソン37イリノイ州
15OFランダル・グリチック26テキサス州
37OFテオスカー・ヘルナンデス25ドミニカ共和国
28OFスティーブ・ピアース34フロリダ州
11OFケビン・ピラー29カルフォルニア州
23OFダルトン・ポンペイ25カナダ
27OFドワイト・スミスJr.25ジョージア州
8DHケンドリス・モラレス34キューバ

↑ロースターを見るとあまり若手有望株もいなくて苦しい印象ですが、ブルージェイズはその下の組織に超有望株がいますので、その分オリオールズより未来は明るいです。

中でも目玉はV・ゲレーロJr.という選手です。メジャーリーグを2000年代から見ている方は名前を聞いてすぐわかると思いますが、エンゼルス等で活躍した殿堂入り選手ゲレーロの息子さんです。

お父さん大好きだったからなぁ、早くメジャーで息子のプレー見たいですね!

ということで、個人的にはさっさとドナルドソンやハップを放出して再建を望みます。

キーマンはもちろんそのジョシュ・ドナルドソンです。

若くはないですが、まだまだメジャー屈指の三塁手です。

プレーオフ進出が狙えるようならチームの大黒柱として、再建モードになり放出すればかなりの見返りを期待できます。

まとめ。

今年のアメリカンリーグ東地区は本当にシンプルな構図です。

ヤンキースVSレッドソックスの完全な一騎打ち(敗れた方はワイルドカード)

レッドソックスは今年勝たないと、この後はおそらく戦力が少しずつ低下していきます。

対してヤンキースは2.3年後からが本当の勝負。

レッドソックスは何が何でも優勝を取りにくるでしょうね。

でも最後に優勝するのはヤンキースです!(ファンですから)

その他の3チームは、プレーオフ進出は厳しいでしょう。ブルージェイズだけは低確率ですが可能性はあります。

最終順位予想
①ニューヨーク・ヤンキース
②ボストンレッドソックス(ワイルドカード)
③トロント・ブルージェイズ
④ボルチモア・オリオールズ
⑤タンパベイ・レイズ

果たして半年後、結果はどうなっているか?

アメリカンリーグ東部地区のレギュラーシーズン予想は以上です。

※以下追記・・レギュラーシーズン最終成績
①ボストン・レッドソックス108勝54敗
②ニューヨーク・ヤンキース100勝62敗(ワイルドカード)
③タンパベイ・レイズ90勝72敗
④トロント・ブルージェイズ73勝89敗
⑤ボルチモア・オリオールズ45勝115敗
ヤンキースは予想した通りの勝率でしたがレッドソックスが強すぎました。

ワイルドカードでのプレーオフ進出ですがワールドシリーズ制覇に期待します!

大躍進のレイズ!開幕前は100敗してしまうのでは?と思っていましたがブレイク・スネルの大活躍等もありで90勝!

そしてブルペンdayを作り、今までの常識を破る戦いを見せてくれました。

ブルージェイズは有望なプロスペクトがマイナーにいますので来シーズン以降は楽しみです。

オリオールズはMLBワーストの115敗してしまいました。マニー・マチャドはじめ主力をシーズン途中に放出。しばらくは再建のシーズンになりそうです。







コメントを残す