2019MLBレギュラーシーズン展望⑥ NL西部地区はドジャース圧勝の予感!

2019MLBレギュラーシーズン展望⑥ NL西部地区はドジャース圧勝の予感!
[2019.3.28最終更新] 三重県伊勢市「宿屋 伊勢ピット」の店主でブロガーの”おっさ”ーです。

「こんにちは!」
→https://twitter.com/ossaa_log

→https://www.instagram.com/ossaa_log

2019MLB開幕スペシャル!
全地区の順位予想もラストの6回目になりました。

ナショナルリーグ西部地区はドジャースの強さが更に際立つシーズンになりそうです!
理由は単純明快で投手力が他の4チームと比べ抜けているから。

ロッキーズも特殊なフィールドを武器にそこそこ戦えるでしょうが良くてワイルドカードまで。

マチャド加入で注目のパドレスはまずは勝率5割前後へ。

再建(まだ解体途中)のダイヤモンバックスとジャイアンツは一気にメンバー大放出もあるか??

では各チームのチャーを見ていきましょう。
※デプスチャートは3.25日時点での個人的に思うベストメンバーです。

アリゾナ・ダイヤモンドバックス

チームの顔であったゴールドシュミットを放出!
他のメンバーも時間の問題か?

ゴールドシュミットが抜けたとはいえ、メンバーを見ると全く戦えないわけではないです。

ただし、対ドジャースやプレーオフというと難しい・・
主力の大半が20年シーズンでFAになる、マイナー組織はリーグでも指折りの弱さとなれば再建という方向が正しい選択になるでしょう。

おそらく夏のトレード期限前に一気にファイヤーセールをすると見ています。

グレインキーはどうなるかなぁ・・

コロラド・ロッキーズ

打ちまくるだけじゃない!
今年は先発ピッチャーにも注目だ!

昨シーズンから、打って打って打ちまくるスタイルに+若い先発ピッチャーの台頭で、バランスのいい戦い方ができるように!

まだ先発ピッチャー陣の経験が浅いので、同じような結果が出せるかは未知数ですが、面白いローテンションが組めそうです。

打撃陣は相変わらず強力で、ノーラン・アレナド、トレバー・ストーリー、デビッド・ダールなどを中心にガンガン打って得点してほしい。

ドジャースとはやや力差があると見ていますが、ロッキーズにはクアーズフィールドという武器がある!
圧倒的な本拠地での強さを発揮すれば、地区優勝もあり得なくないでしょう。

ロサンゼルス・ドジャース

投打のバランスはリーグ最強クラス!
今年こそは世界一のタイトル取りへ!!

クレイトン・カーショウとリッチ・ヒルの両先発ピッチャーが多少出遅れることが決定ですが、それでも充実の先発ローテーションです。
CLケンリー・ジャンセンの状態が少し気になりますが、まぁ経験のある選手だけにあまり心配しないことにします。

オフに野手陣はけっこう入れ替えがありましたが戦力は依然として高く、このチームがつまづくことは正直想像できません。

あとはトレードで超大物獲得といった動きがあるかどうか?
ワールドシリーズ制覇にはそのくらいしてもいいと思いますね個人的には・・

サンディエゴ・パドレス

マニー・マチャド獲得で再建は次のステップへ!
まずは勝率5割。

実績のある選手とプロスペクトの融合で野手は目処がついてきました!
そしてまだマイナー組織に有力な若手もメジャー昇格を待っている状態。

あとは投手陣をどう底上げしていくか・・。
ここはフロント陣の舵取りと育成に注目したい!

ドジャースという強力はチームがいるだけに一筋縄ではいかない地区。
でも、今後のパドレスは面白いと思います。
まず今シーズンは5割の勝率へ!

サンフランシスコ・ジャイアンツ

ピークを過ぎたベテランのみの内野手と、聞いたこともあまりない外野陣。
不安だらけの先発ピッチャーと、まさに暗黒時代突入か・・。

名前のある高年棒の選手がズラリ。
しかし力はピークを通り越してしまったような選手ばかり。
これからの編成がめちゃくちゃ大変になりそう。

もはや数少ない売れる選手である、マディソン・バムガーナーとジョー・パニックをシーズン途中で放出し、少しでもマイナー組織の底上げをするべきでは?

2010年前半強かったチームも、今後5年くらいは茨の道が続く気がします。

最終順位予想

ここまでナショナルリーグ西部地区のチャートと戦力を書いてきました。

では最終順位予想に入ります!

①ロサンゼルス・ドジャース
②コロラド・ロッキーズ(ワイルドカード)
③サンディエゴ・パドレス
④アリゾナ・ダイヤモンドバックス
⑤サンフランシスコ・ジャイアンツ

やはりドジャースがこの地区は強いです。
昨シーズンのように故障者続出とかがなければ堅いでしょう!

対抗できるとすればロッキーズ。
本拠地でも無類の強さ+投打のバランスがよくプレーオフに十分な圏内。

パドレスは来シーズン以降が本格的な勝負。
その足固めのシーズンに。

ダイヤモンドバックス・ジャイアンツは一気にチーム解体(ジャイアンツは解体も難しいが)か・・。

レギュラーシーズン終了後、結果はどうなっているでしょうか?

今回の記事は以上になります。







コメントを残す