「他人を変えるには、まず自分から」いじめられっ子だったからこそ気づけたこと。

「他人を変えるには、まず自分から」いじめられっ子だったからこそ気づけたこと。

「人のことを変えたい」とか「なんでこの人はこんな考えなんだろう?」とか

「この人の事は理解できない」と思ったことはありますか?

ありますよね?

私もありますし、時には「このハゲー!」と罵倒したくなることもあります。

でもそんな時は、まずこう思うことにしています。

「世界(他人)を変えるには、まず自分から」

これはいじめられっ子だった小学生時代に気がついたことで、その後の人生においても大切にしてきた事なのです。

なぜ、いじめられっ子だったのか?

子供の社会でイジメられる子の特徴として、以下の3つが主な原因ではないかと思います。

1・なにか身体的な特徴がある。

2・性格がおとなしい。

3・みんなの前で何か失敗をした。

これを小学1年当時の私に当てはめてみると…

1・チビでモジャモジャなヘアースタイル。

2・超引っ込み思案。

3・お腹が壊して授業中にう○こ漏らす。

と見事に3拍子揃っていたのです。

まさに、いじめられっ子のエリートのような子供でした。

当時はジャイアンのような「ガキ大将」がクラスに必ずいる時代です。

学校の休み時間や放課後=ジャイアン達にイジメられる時間でした。

小学校の1,2年生の時はかなり悩みましたし、正直学校にも行きたくないと思いながらの生活でした。

転機となったトイレ事件。

小学3年のある日、お腹が痛くなった私は(あいかわらずお腹が弱い) 一番人目につきにくい体育館のトイレで大をしていました。

しかし運悪く「ガキ大将」とその仲間に見つかってしまいます。

ガキ大将「誰だ~?ウ○コしてるの?」

私「俺、おっさーだよ」

ガキ大将「なんだ、おっさーか」

・・ しばらく沈黙。

すると突然、上から水がバシャーっと!!

「ガキ大将」一味が上から水をかけてきたのです。

私はこのときばかりは激昂しました。

勝ち目はないとわかってましたが「ガキ大将」に本気で殴りかかりました。

「ガキ大将」とその一味にボコボコにされましたが、

人生初の本気のケンカがこの時でした。

帰宅してこの日のことを父に話すと、

「空手でもやるか?暴力はダメだけど男は強い方がいいからなぁ」

そんな父のアドバイスで空手を始めることとなります。

その道場は今の極真空手と同じようなルールの実戦空手で、挙は胴のみで蹴りは顔もOKというルールでした。

週2回通い最初はボコボコに打たれるだけでしたが、少しずつ私の攻撃も当たるようにな­ります。

何よりスポーツなんてこれまで無縁だったので楽しかった。

そしてチビだった体が小3の終わりには平均的な体に成長していました。

超引っこみ思案だった性格も明るくなり、自分の意見も言えるようになっていました。

いじめられっ子だったからこそ気づいた大切なこと。

小学1,2年時にはあれほど悩んだイジメも、なにかをしたわけではないのに自然と無くなっていました。

そう、私が変わったから周りも自然と変わったのです。

このことは私の人生において大きな教訓となっています。

他人を変えるのはとても難しいことです。

でも、自分を変えることはできますよね。

「世界(他人)を変えるには、まず自分から」

いじめられっ子だったからこそ気づいた大切なことでした。







コメントを残す