「自転車日本一周 vol.4 九州編」

「自転車日本一周 vol.4 九州編」

前回、自転車日本一周vol.3は青森からひたすら日本海側を南下し、下関の関門海峡を渡るまでの話でした

今回vol.4は九州を福岡県門司から反時計回りに回って、大分県の臼杵港から四国に渡るまでの話です。

北海道にも劣らない美味しい料理の数々や、温かな人たちに出会えました。

沖縄を除く「日本一周」に変更。

⇑が関門海峡を抜けて福岡の門司から、大分県の臼杵港から四国へ渡るまでのルート図です。

福岡県→佐賀県→長崎県→熊本県→鹿児島県→宮崎県→大分県の順で走りました。

九州はこの自転車旅が初上陸した。

あれ?沖縄は?と思われた方もいると思いますが、実はこの旅では沖縄には行けませんでした。

当初の全47都道府県に行くことは断念しました。

理由は資金不足です(フェリー代を支払うとゴールにたどり着けない)

結果的には沖縄県を除く「日本一周」になってしまいました。

この旅唯一の島散策。その日常の風景に感動。

平戸大橋

この写真は長崎県の平戸島へ渡る「平戸大橋」です。

この旅唯一の本格的な島散策をしました。

平戸島「ザビエル教会」

多分、平戸で一番有名な建物だと思います。

エメラルドグリーンの鮮やかな外観の教会で、内装も溜息の出る美しさでした。

観光施設ではなく、あくまでも宗教施設です。

日曜日にはミサも行われるようですよ。

教会と寺院が一緒に見れる場所

ザビエル教会から少し歩くと、上の写真のような教会とお寺が一緒に見れる場所があります。

これは結構珍しいことのようで、グーグルで「教会と寺が見える場所」で検索してもこの場所以外はでてきません。

平戸島を走っていると、いたるところで⇑写真のような美しい海岸線の風景に出会えます。

観光スポットもよかったですが平戸島の一番の魅力は、このような普通の場所がメチャメチャ綺麗なところでした。

生月大橋

平戸島からもう一つ橋を渡り「生月島」にきました。

平戸大橋も生月大橋もデザインかっこいいです!

生月島の西側の海岸線は⇑写真のような、岩がローソクみたいに侵食された不思議な風景が見れます。

陸続きの場所としては日本の最西端ですから遠いですが、とても魅力ある場所でした。

今は福岡からも直行バスが出ているようですし、行ってみる価値はありますよ。

長崎、熊本の名所。そして知覧の特攻平和会館。

長崎市「眼鏡橋」

平戸島を散策した後は、ひたすら南下します。

長崎は激坂とゴチャゴチャ感がすごい街でしたが⇓の店のチャンポンは絶品でした(写真忘れました)

 

島原市「雲仙・普賢岳」
熊本城
熊本城天守からの眺め

2016年の地震被害で熊本城は現在修復中のため入ることはできません。

かなりの時間を要するみたいですが1日も早く元の姿に戻るといいですね。

また天守からの景色を見たいです。

知覧特攻平和会館

南九州市にあるこの特攻平和会館は、戦時中に特攻という作戦に従事した隊員の方々の遺品や当時の資料が展示されています。

中でも隊員が特攻に向かう前に、家族や大切な人に向けて書いた手紙(遺書)は涙なしでは見れないと思います。

日本人ならば絶対に一度は訪れるべき施設です。

枕崎で味わった人生で最も美味い魚料理。

日本の一番端にある枕崎駅の看板はハリボテ。

枕崎港そばの食堂「まんぼう」で名物のカツオを食べました。

今までの人生で食べた魚料理で一番美味しかったです。

カツオってこんなに美味いの!

さすが目の前の港で水揚げされたばかりのカツオ。

いまだにこの枕崎「まんぼう」のカツオ丼を超える魚料理に出会えていません。

日本の果てまで行ってカツオ丼…それでも、また行きたいです。

開聞岳が綺麗に見えました。

セイコーマートと双璧「エブリワン」。

九州のローカルコンビニ「エブリワン」
「エブリワン」のチョコドーナツ

2013年当時は⇑の写真のローカルコンビニ「エブリワン」がたくさんあったんです。

このコンビニのウリは店内調理の弁当やパンなど(関東でいうとデイリーヤマザキの手作りコーナーがある店をイメージしてください)

オリジナルパンのチョコドーナツが半端じゃなく好きで、旅中は毎日食べてました。

2015年、あろうことかファミリマートに買収されエブリワンブランドも店内調理のパンコーナーも完全消滅すると一時はいわれました。

北海道の「セイコーマート」と並ぶ好きなコンビニの双璧だったのに…

しかし朗報が!

エネルギー会社のミツウロコHDがわずかながら店舗を残し『RICストア」として存続させているそうじゃありませんか!!

もちろん店内調理コーナーはそのままだそうです。

かなりのレア店舗らしいですが見つけたら絶対入りパン大人買いします。

大分の臼杵港から四国愛媛県へ渡ります。

門司から走り始めて臼杵港から九州を出るまで1000kmくらいの距離でしたが、居心地が良すぎて20日間くらいゆっくり滞在しました。

見所の多さやご飯の美味しさはもちろんですが、人情味が半端じゃなかったです。

この九州にいる間のうち3泊は人の家(2人は初対面)でしたし。

「日本一周」の看板もつけてない謎な人物である私を、いろんな場所で応援いただきました。

旅は終盤の四国へ。

次回、自転車日本一周vol.5は四国編をお送りします。







コメントを残す