三重県の家を手に入れたので、取得費用を完全公開します。

三重県の家を手に入れたので、取得費用を完全公開します。

宿屋開業を目指している、趣味ブロガー「おっさー」です。→https://twitter.com/ossaa_log

上記の通り、宿屋(ゲストハウス)開業を目指している私は、2017年開業候補地の東海・中部エリアの物件をめちゃめちゃ見にいきました。

11ヶ月かかりましたが理想に近い物件を見つけ購入し、引き渡しも受けました。

その際に感じた事ですが、家を買うときって素人にはわかりにくい+αの諸費用が多すぎる!

(もちろん購入する意思がはっきりしてくると不動産屋も説明してくれますが)

「中古の家を買うって、どのくらいの諸費用がかかるのだろう?」「内見をする前にある程度知っておきたい」

その疑問を解決すべく、中古の家を購入した際の費用を完全公開します!

ゲストハウス物件を探している方はもちろん、一般の中古住宅を探している方にも参考になればと思います。

購入した家の内容。

まずは↓が私が購入した物件の内容です。

○土地:239.6m²
○建物:140.5m²(木造2階建の一軒家)
○築年数:43年(1975年築)
○場所:伊勢市駅から徒歩8分ほど
○価格:¥7.000.000

不動産屋のサイトや広告ではこんな感じで、物件の価格しか普通は載っていないですよね。

しかし、+αでいろんな諸経費がかかってきます。

次の項からは時系列で、タイミングごとに支払う金額を見ていきましょう。

契約前にかかった金額(インスペクション)

物件を内見し、その物件が気に入った=すぐ契約ではなく、

その前にインスペクションを行うことをお勧めします。

インスペクションとは、専門家や第三者的な見地から、各種製品などの品質実態の検査し、評価すること。
ホームインスペクションは、建築士、住宅診断士など設計・施工に詳しい専門家が、住宅の劣化レベル、工事不備などを診断し、その改修規模や概算コストの目安を算定し、客観的な立場でアドバイスをすること。
目視により、屋根・外壁・室内・床下などを診断するのが基本メニュー。依頼主の要望により、機材による診断を行う場合もある。費用は、目視による標準的な診断で5万~8万円程度。
∼suumoより

これによりゲストハウスにする物件にとして適当か?

また、その際の改修費用の概算等もしてもらいました。

これをやっておかないと『契約後にゲストハウスにはできない』『改修費用にとんでもないコストがかかる』などの不具合が起こることもあります。

インスペクションにかかった金額¥54.000

売買契約時にかかった金額。

インスペクションの結果に納得したので、物件の契約をしました(2017/12/13)

売買契約の際にかかった費用は以下の通りです。

○手付金¥1.000.000
購入の意思を示すためのものです。
こちらが後でキャンセルした場合は基本的に返却されませんが、売主都合でキャンセルされた場合は返却されます。
通常物件価格の10%くらいを物件価格の一部として支払います。私はキリがいい金額にしました。
○印紙代¥5.000
売買契約書に貼ります。物件の価格により変わります。
○仲介手数料の半分¥150.000
不動産屋への手数料です。
「物件価格×3%+6万円」その金額に消費税です。

売買契約時にかかった金額¥1.155.000

この売買契約時のお金は、ローンを利用して物件を購入する際も自分で用意しないとなりません。

なので『頭金¥0で大丈夫』みたいな広告でも最低物件価格の1割くらいは手持ちがないと契約は難しいです。

物件の引き渡し時にかかった金額。

売買契約してから、2ヶ月と結構待ちました。

私の物件は空き家でしたが、売主さんが物件に現状住んでいる場合はもう少し時間がかかることが多いようです。

いよいよ、物件が自分のものになります(2018/2/13)

引き渡し時にかかった費用は以下の通りです。

○物件取得費用¥6.000.000
物件の販売価格から手付金を差し引いた金額です。
○登記費用¥130.000
所有権移転などの不動産登記の費用です。
○ 司法書士への報酬¥140.000
不動産登記をしてくれた司法書士へ支払います。
○固定資産税¥6.000
2017年4月∼2018年3月までの固定資産税は前所有者が既に納めているので、日割り計算で2018/2/13∼2018/3/31までの分をこちらから売主へ。
○仲介手数料の半分¥150.000
売買契約時に支払った分の残りです。

物件引き渡し時にかかった金額¥6.426.000

ローン契約が済んでいれば、ここでは現金は特に必要ありません。

物件を取得し万歳!

三重の家の取得費用合計とまとめ。

ここまで、宿屋(ゲストハウス)にする物件の取得費用を完全公開してきました。

結局のところ合計いくらかかったかというと、

インスペクション費用¥54.000+売買契約時の費用¥1.115.000+引き渡し時の費用¥6.426.000=¥7.635.000

↑が物件取得にかかった総額です。

この他にも、引っ越しの費用、改修が済めば火災保険も入らないといけないし、不動産取得税もかかるし、年度が変われば固定資産税もかかります。

家を買うってほんと大変だ…。

というわけで、三重県伊勢市で宿屋開業を目指します。

⇑の記事では、なぜ伊勢を開業の地に選んだかを書きました。

物件は手に入れましたので、これからは改修などの宿屋(ゲストハウス)開業にむけての活動をしていきます。

今後の動向も随時ブログで更新していくので、注目してください。

宿屋運営に関する情報は全てオープンに公開していくつもりです!







コメントを残す