【新事業】自家焙煎コーヒー豆店『ピット豆』始めました。

【新事業】自家焙煎コーヒー豆店『ピット豆』始めました。

三重県伊勢市「宿屋 伊勢ピット」の店主で、ブロガーの”おっさ”ーです。
「こんにちは!」
→https://twitter.com/ossaa_log

→https://www.instagram.com/ossaa_log

突然ですがこの度、宿屋に続く新事業として自家焙煎コーヒー豆店を始めました!

その名も『ピット豆』です!!

今回の記事では、「なぜコーヒー豆店を始めたのか?」の経緯から、コーヒー豆店をやるために必要なことを書いています。

また、『ピット豆』の告知もさせていただきますので、読んでいただけたら嬉しいです。

コーヒー豆店をやろうと思ったわけ

そもそも何でコーヒー豆店をやろうと思ったか?
を、この項では書いていきます。

私は三重県伊勢市で「宿屋伊勢ピット」を経営している個人事業主です。
事業の軸はあくまで宿の運営なのですが、その宿でサービスで提供していたコーヒー・・

実はコーヒー豆屋から完成品を購入し、挽いてから宿のゲストさんに出していました(コーヒー好きなので結構凝ってる)

ネットやリアル店舗など、いろいろなコーヒー豆店から購入して思いました。
「正直そこまで各店舗の差がわからない・・」

youtubeで[コーヒー自家焙煎]などで検索し、動画をみてみると、
「これ、自分でやってみたら楽しそうだし、宿の価値につながるんじゃ?!」

そう思ったのが始まりでした。

手始めに生豆をネットで購入して、自家焙煎してみたところ・・
黒焦げに!!笑
また、焦げないように慎重にしすぎると豆に熱がうまく伝わらず、ムラがありまくる激不味なコーヒーになったりと最初は難しかったです。

しかし、練習を繰り返しているとムラが少なく、しかも思った通りの焙煎具合にできるようになってきました。
その上手に焙煎できた豆でいれたコーヒーの美味しかったこと!

今は↓のように自家焙煎に慣れてきました!

これはイケる!
「少なくてもサービスドリンクとして宿で出す分には価値になる」

思った通り、宿の宿泊ゲストさんには好評。
これをお土産として購入してもらったり、ネットショップを作りリピート購入してくれたら嬉しい!

そう考えたのが、自家焙煎コーヒー豆店『ピット豆』誕生の経緯です。

コーヒー豆店をやるのに必要なコトやモノ

コト
リアル・ネットショップに関わらず、焙煎したコーヒー豆を販売するだけの店をやるのに、特に営業の許可などは何も必要ありません。
税務署に出す開業届くらい。

ただし、豆を挽いて、その場で飲むためのコーヒーを販売するとなるとカフェと同じで飲食店の営業許可が必要です。
(申請や相談は管轄の保健所へ)


モノ

①コーヒー豆

メインとなるコーヒー豆ですが、生の豆をネットから購入しています。

私は「生豆本舗」さんというネットショップから仕入れています。
生豆本舗さんのよいところは、豆のラインナップが豊富で、少量から大量購入までできるのでとても助かります。

好みの味のコーヒー豆が見つかるまでは少量で買って試し、販売したい豆が見つかれば大量購入という感じで使えます。

②焙煎機

豆を焼くための機械ですが、コーヒー豆専門店で使うような焙煎機はかなり高価です・・

”コーヒー豆で生計をたてる”くらいの気持ちの方は購入するべきですが、私のように”あくまで宿のサービスの一つ”
くらいでしたら、手網とガスコンロでも十分(練習は必要ですよ)

youtubeを見ていると丸型の方が使いやすいかも(私も次は丸型を買います)

③パッケージ

焙煎した豆を梱包しお渡し(配送)する際のパッケージです。

私はコーヒー袋の専門業者の「ニコノス」さんから購入しています。

また豆袋の封を閉じる際にシーラーが必要なので購入しておいた方が良いです。

④コーヒーメーカー

これは必須ではないですが、コーヒーを淹れる技術にそこまで自信がないので購入しました。

美味しくて楽しい!

ここまでコーヒー豆店をやり始めた経緯と、コーヒー豆店をやるために必要なコトやモノを書いてきました。

まだ売り上げ的には微々たる事業ですが、始めて良かったと既に感じています!

なんと言っても煎りたてのコーヒー豆で淹れるコーヒーの美味しいこと!(ほんとは焙煎後3.4日が最も美味いらしいが・・)

そして、焙煎すること自体が楽しいです。
今は焙煎が上達してきたのでオリジナルブレンドの調合に挑戦しています。

最後になりましたが『ピット豆』のネットショップをBASE内に開設しました!

どれも好みこそあると思いますが、美味しいコーヒーを飲んでもらえるはずです!
よろしければお店をご覧になっていってください。







コメントを残す