日本一長い路線バス!!奈良交通「新宮〜大和八木」間を自転車で走ってみたよ!

日本一長い路線バス!!奈良交通「新宮〜大和八木」間を自転車で走ってみたよ!
[2019.3.2最終更新] 三重県伊勢市「宿屋 伊勢ピット」の店主でブロガーの”おっさ”ーです。

「こんにちは!」
→https://twitter.com/ossaa_log

→https://www.instagram.com/ossaa_log

季節はもう3月!
冬が終わりに近づき、いよいよ春がすぐそこに!

春(3,4月)は寒すぎず暑すぎず、自転車に乗るには最高の季節です。
ということで、今年初の泊まりでの自転車旅に出かけてきましたよ!

1番の目的はR168・・
和歌山県新宮駅と奈良県大和八木駅を結ぶ、日本一長い路線バスのコースを自転車で走ること。
その距離なんと166kmで停留所は167、始点から終点までの所要時間6.5時間、5000円以上の運賃とまさに規格外の路線バスです。
↓路線バスの詳細は下のリンクでみてください。

自転車で実際に走ってみた結果・・・「まぁ、キッツい!」
山奥を130kmくらい走るので、平坦が全然ない!
そしてコンビ二もないので補給に気を遣う!
さらに冬のこの時期は新宮スタートだとずっと向かい風・・・

それでも普通では味わえないような景色を見れたりして、楽しかったです!!
以下から詳細を記載しますのでお楽しみください。

新宮市を出発!まずは熊野本宮大社を目指そう

2019年2月某日の朝8時前、私は和歌山県新宮市を出発しました!
国道168号をひたすら北上するのですが、スタートしてすぐのトンネルを抜けると、そこはもう山奥の様相でしたw

熊野川がきれいだー

35kmほど進むと熊野三社の一つである「熊野本宮大社」につきます。
ここでの見所は2つ。

まずは熊野本宮大社の参拝、そして境内にある八咫烏カラーの黒い郵便ポストを見ておきましょう!

熊野本宮大社の本殿前(門より先は撮影禁止)
境内にある黒い八咫ポスト

ちなみに熊野本宮大社はペットも抱きかかえれば本殿前まで一緒にいけます。結構ペットと一緒に来ている人いましたよ。

もう一つのスポットが「大斎原(おおゆのはら)」
ここは、もともと熊野本宮大社があった場所だけど、水害が多かったみたい・・。
そこで現在の少し小高い場所に移されたそうです。

大斎原には日本一の大鳥居があります!
写真だとその大きさ伝わるかなぁ・・高さは34mあります。

めちゃくちゃ大きな鳥居です

熊野三社とは
熊野速玉大社→新宮市中心部
熊野那智大社→那智駅から5kmほどで那智の滝で有名
熊野本宮大社→内陸に35km、バス以外の公共交通なし

なかなか本宮大社は到達難度が高いです。

十津川村は通り過ぎるだけではもったいない素敵な村

熊野本宮大社を後にし、少し進むと自転車旅にとって重要なスポットがあります。
それが道の駅「奥熊野古道ほんぐう」

この道の駅はcoopが入っていて食料が素晴らしく充実しています!
この先、ここほどちゃんと食料を調達できるお店はないので、ぜひ寄っておきましょう。
バイパスから行くとスルーしちゃうので気をつけてください。

そして奈良県に入ると日本一面積の広い村「十津川村」
今回の自転車旅では通っただけなのですが、私以前に十津川村に滞在したことありまして・・
「それはそれは素晴らしい場所!」と自信を持って言えます。

朝は雄大な熊野川を、夜は落ちてきそうな星空を眺めながら入る温泉。
そして、果無峠からみる熊野の山々の景色。
さらにここでしか乗れない野猿(人力ロープウェイ)

十津川村入り口、川の色がすごい!

時間の許す”あなた”はぜひ一泊して十津川村を体験してみるのもオススメです!

日本一の吊り橋「谷瀬の吊り橋」でドキドキ体験

十津川村に入ってから出るまで50kmくらいは走ったと思います。
その終盤に登場するのが「谷瀬の吊り橋」です。

この谷瀬の吊り橋のすごいのは生活用の橋だということ!!(生活用の橋なのでもちろん無料です)
静岡の三島スカイウォークとか、茨城の龍神大吊り橋とかは、ここより高さも長さもあるけど観光用吊り橋なんです。
なので作りがしっかりしてる。

しかし谷瀬の吊り橋はめちゃくちゃボロい・・。
高いところが好きな私も、足元の板が抜けるんじゃないかとヒヤヒヤしましたよ。
これを毎日渡っている人がいるなら、ハート強くなるだろうなぁ・・。

とにかく貴重なヒヤヒヤ体験ができる最高のスポットですので、ぜひ吊り橋渡ってみてください!
↓ちょうど橋の真ん中くらいで撮影した動画が見れます。

五條市に入りいよいよゴールに

十津川村を抜けて五條市に入ると、長かった山奥の雰囲気が終わり下りベースの街中へ。

長くキツかった紀伊山地

道の険しさはないですが、交通量が多く怖いですね。

そして橿原神宮のある橿原神宮前でゴールになりました。
路線バスの終点、大和八木駅はもう少しだけ先なのですが、泊まる宿が橿原神宮前だったのでここで終了です。

翌日には橿原神宮もお参りしてきましたよ。

紀伊山地の厳しい自然に挑もう

ここまで日本一長い路線バス、新宮→大和八木の(ほぼ同じ)ルートを自転車で走った件について書いてきました。

新宮からスタートすると吉野川を越えるあたりまで(約130km)は、とにかくずっと坂が続きます。
そして休憩ポイントも少ない。

なかなか厳しいコースレイアウトですが、ここでしか見れない絶景や観光スポットもありで、チャレンジの価値はあります!

ただ、私はもういいかなw・・

次は文字通りバスで、その景色を味わいたいと思います。
↓で今回走ったルート図が動画で見れます!

Relive ‘新宮→橿原ライド’

今回の記事はこれで終わりです。







コメントを残す