春日部サトーココノカドー「クレヨンしんちゃん展」に行ってきました。

春日部サトーココノカドー「クレヨンしんちゃん展」に行ってきました。
「クレヨンしんちゃん展」は終了しました。

「クレヨンしんちゃん」が25周年だそうです。

それを記念した展覧会が全国10都市を巡回し、いよいよ作中の舞台である埼玉県の春日部でフィナーレを迎えることになりました。

大人になった現在はめっきりテレビで「クレヨンしんちゃん」を見ることは少なくなりましたが、『昔は見ていたなぁ』と懐かしく思い、春日部の「クレヨンしんちゃん展」に行ってきました。

街をあげての応援!?「クレヨンしんちゃん展」

春日部駅の西口を出てすぐ、展覧会場であるイトーヨーカドー春日部店が見えてきます。

しかし、なんか違和感が…

看板が「サトーココノカドー」!!

ああぁ、看板がクレヨンしんちゃんの舞台の中のデパート「サトーココノカドー」になってるじゃないですか!

随分と凝った演出ですね。

会場限定のサトーココノカドーパッケージの「チョコビ」

「サトーココノカドー」のメイン玄関を入ると、大量の「チョコビ」が陳列されたチョコビタワーが!(チョコビとは、しんちゃんが大好きなお菓子です)

このチョコビタワーの奥にクレヨンしんちゃんグッズの催事場になっています。展覧会場内ではグッズは販売していません。

展覧会場は2階になります。

さすがに夕方に行ったので空いていました。

会場内は⇑のようになっています。

基本的に各コーナーの前に看板があり、そのコーナーの解説や写真撮影の可否などが記載してありました。

入り口ではタキシード姿のしんちゃんがお出迎えです。

もちろん撮影可能スポットなのですが、しんちゃん像が結構な早さで回転するので撮影しにくいw

かあちゃんの「みさえ」の像のあるコーナーでは、『ゾウさん踊りをしてはいけない』など面白い規則がw

そして「みさえ」の料理のレシピや、その料理の香りを嗅ぐことができます。

そして、この展覧会のメイン?と言ってもいい、父ちゃん「ひろし」の臭い靴下の臭いを嗅げるコーナーです。

あくまで科学的に臭いを再現したそうで、人が履いたものではないようです。

めちゃめちゃ臭いです。ぜひこれは会場に行って体感してほしい。

あまり書きすぎてしまうと会場に行った際の楽しみがなくなってしまうので、会場内の紹介はこれくらいにします。

最後にエントランスの催事場で、チョコビを記念に買って帰ることにします。

チョコビが「サトーココノカドー」パッケージになっているのも驚きましたが、なんとレシートまで!!

これが一番感動したかもしれません。

おそらく街をあげてクレヨンしんちゃんを盛り上げているんでしょうね。

「クレヨンしんちゃん」は子供と一緒に見てほしい番組。

現在、南関東ではクレヨンしんちゃんは毎週金曜日の19:30∼テレビ朝日で放送されています。

中学生の時などはよく見ていた記憶がありますが、さすがに今はテレビのレギュラー放送を見ることはほとんどなくなりました。

でも映画の特別放送などを見ると大人になっても面白いですし、ちょっと感動するんですよね。

放送初期の頃は「子供に見せたくない番組」として毎年リストアップされていましたが、私としては「子供と一緒に見てほしい番組」だと思います。

「しんちゃん」の性格って、かっこいいと思いませんか?

能天気でマイペース、空気を読まない。

立ち直りが早い。

物怖じしない。

いい意味で日本人ぽくない。

全てとは言いませんが、子供できたら「しんちゃん」のような性格に育ってくれたらと思います。

展覧会の詳細。

展覧会名 クレヨンしんちゃん展
会場 イトーヨーカドー春日部店2階
会期 2017/12/15〜2018/1/8
開催時間 10:00〜19:00
12/30→1/3は10:00〜17:00
※入場は閉館の30分前まで
休館日 開催中無休
入場料 一般¥1000
4歳以上〜小学生以下は¥500
アクセス 各線春日部駅西口より徒歩5分
HP http://shinchan25.com/shinchan-ten/

この「クレヨンしんちゃん展」には2017/12/20水曜日の17:00頃行きました。

平日の夕方だったので空いていてゆっくり見れましたが、休日の昼間などは家族連れで混み合いそうです。

決して広い会場ではないので、平日に行くのがいいかもしれません。

小さなお子さんがいる方はもちろん、私のように昔「クレヨンしんちゃん」を見ていて懐かしく思った方も楽しめると思いますよ。







コメントを残す