寄付金付き宿泊券を手渡ししながら、自転車で東日本を旅します!!(6月中旬スタート)

寄付金付き宿泊券を手渡ししながら、自転車で東日本を旅します!!(6月中旬スタート)
[2019.4.17最終更新] 三重県伊勢市「宿屋 伊勢ピット」の店主でブロガーの”おっさ”ーです。

「こんにちは!」
→https://twitter.com/ossaa_log

→https://www.instagram.com/ossaa_log

さて、「タイトルにもあるように6月中頃から自転車で東日本を旅します!」
宿屋伊勢ピットは、旅の期間中の30〜40日間は休業です。

大まかにですがルート図を作りました!
基本的に北海道以外は各県庁所在地を結んで進んでいきます。

伊勢(スタート)→名古屋→長野→新潟→秋田→青森→フェリーで北海道へ
函館→札幌→旭川→帯広→苫小牧→フェリーで八戸へ
八戸→盛岡→仙台→山形→福島→前橋(高崎)→宇都宮→水戸→千葉→東京→大宮→甲府→静岡→伊勢(ゴール)

大きく寄り道をしなければ総距離3500km弱ですので、期間中で十分走行可能な距離だと思います!
なお、野宿ではなくゲストハウス等を利用します(ロードバイクで走るよ!)

旅の目的は一つ
○宿屋 伊勢ピットの宿泊券を手売り(手渡し)するためです!!

これ、ただの宿泊券ではありません!
売上の一部を旅行券に替えて、一人親世帯に贈る寄付つきの特別宿泊券です!!

と、いうことでこの記事では旅の概要や企画宿泊券の詳細を書いていきます。
「賛同していただけたら、支援やシェアしてほしい!」

↓宿屋伊勢ピットの公式サイトです。

よろしくお願いします。

素敵なシングルファザーさん、シングルマザーさんとの出会い

私の経営している伊勢ピットは、ファミリー(お子さん)OKなゲストハウスなので、ご家族で泊まってくれる方も結構います。

そんなある日、ゲストさんの中で少し異彩を放っていた親子に出会いました。
お父さん(40代)と娘さん(10歳前後)で宿泊されました。

普通小学生の中頃にもなれば、父親と娘ってそこまで仲良くないですよね?
しかし、このお二人はまるで付き合いはじめたばかりのカップルのような仲の良さ・・正直最初は奇異な目で見ていました。

でも夜にお父さんと話す時間があって、ご家庭の事情をいろいろ聞きました(母親とは死別したそうです)
「とにかく時間が取れなくて、娘と二人で旅行ができるなんて数年ぶりだ」と言っていました!

「お互い日頃の寂しさもありでベタベタしちゃいました」と、照れたような顔をされた時のお父さんの顔が、とても素敵でした。


もうひと方はTwitterで知り合ったシングルマザーさんです。
何を隠そう、知り合い以外では最初に「伊勢ピットに行きたい」と言ってくれた方です!

そんなご縁もありで、宿泊いただいた日はいろいろお話しをしました。

やはり経済的な厳しさがありで、旅行は数年ぶりだそうです。
旅行のためにメルカリで自分の物を売ったり、穴のあいたタイツを履いて節約したりと、この旅行にすごいエネルギーを注いだことが伝わってきました。

私がこの方を尊敬できたのは勉強熱心でセルフイメージが高いこと!
そのせいか、娘さんも(高校生)伸び伸びというか自由奔放というか、それでいて芯のあるいいコだと思いましたよ。

二組ともに共通していたのが、親子の仲がとてつもなくいいこと!
「あ、一人親世帯の方も、もっと旅行ができるようになればいいなぁ」
この二組の家族と出会って思いました。

リゾバ時代を振り返ってみて感じたこと

私は伊勢に移住する前に、3年弱くらいですがリゾートホテルを転々とするリゾバ移住をしていました。

一泊二食付きで¥10000〜¥30000以上のいろんなグレードの宿で働きましたが、思い返せば一人親のゲストってあまり見ていない気がしました。
そこで現役のリゾバ仲間に聞いてみたところ・・「確かにあまりみないかも」との答えが!

意識して見ていない事もあるでしょうが、やはり一人親家庭で旅行に行ってリゾートに泊まるのは少数(たいへん)
そう思います。

旅行業に携わる一人として、何かできることはないか?

ここまで書いてきたように一人親家庭で旅行に行くのは、想像以上に大変な事なのではないか?
だとすれば、「旅行業に携わる一人として何か力になれないか?」
と思った。

そして考えました!

前提として私も個人事業者なので、無理なくできる事。
そして一人親家庭の方に優しいのはもちろん、支援者(この企画では伊勢ピットのゲスト)にも大きな負担をかけない事。
さらに一人親家庭の方には好きな旅先が選べる事。

結果生まれた企画がこれです!!

①伊勢ピットの宿泊券を通常価格より¥1000/人、高い価格で買っていただきます。
②その¥1000/人 多く頂いた分を旅行券に替えて、一人親家庭の方に贈る。

この企画いかがでしょうか?

ちなみに自転車で手渡しは、支援してくれた方に直接会って渡してお礼を言いたいからw
まず企画ありきで、それを自転車旅と結びつけた感じです!

宿泊券の購入方法

ここまで読んでいただきありがとうございます。

「企画に賛同していただけたら、ぜひ参加をお願いします!!」

宿泊券 表
宿泊券 裏

それでは宿泊券の購入方法です。

価格(税込み)
シングルルーム(和・洋)→¥6500
ペアルーム(和・洋)→¥10800
トリプル(和室のみ)→¥13000
ファミリールーム(和室のみ最大4名まで)→後日発売します

ネットショップサイト”BASE”内

自転車旅の道中で受け取りができそうな”あなた”は直接お渡しします!(時間が許せばお話ししましょう)
ルート上で受け取りが難しい方は郵送いたします!

既に発売を開始していますので、↓↓からの画像をクリックしてBASEのページにお進みください。


この寄付金付き宿泊券を購入いただいた方限定で「優しい人カード」を進呈します(名刺サイズです)

旅は最高の贅沢・・

私、旅行業をやってますし、伊勢という日本有数の観光地にいるので思うことがあります。
「旅行してる人って、みんな幸せそうな顔してる!!」

旅行って多くの人にとってスペシャルなイベントだと改めて感じました。

みんな頑張って生きてる・・それは普通に両親がいる家庭も一人親の家庭も同じ。
でも、一人親世帯はなかなか旅行に行くのが難しい・・。

「それをなんとかしたい!!」
旅行という最高の贅沢を、一人親で頑張っている家庭に”あなた”の力で届けませんか?

ぜひ参加をお待ちしています!
ここまで購読ありがとうございました。







コメントを残す