AV鑑賞だけじゃない「VRゴーグル」を購入して感じた未来のこと。

AV鑑賞だけじゃない「VRゴーグル」を購入して感じた未来のこと。
この記事内の商品LUPHIE VRゴーグルは現在購入できなくなっています。

「VR」ってご存知でしょうか?

VR=バーチャルリアリティ(仮想現実映像)の略ですが、イメージ的に敷居が高そう(見るにはお金がかかりそう)だと思っていませんか?

私も最近までそう思っていました。

それが現在では、数千円でお手軽に体感できてしまうんです(本格的な物はそれなりに高価ですが)

このVRに驚愕し、いろんな可能性がある技術だなぁと思い記事にしました。

「LUPHIE」VRゴーグルを買ってみた。

Amazonで「VRゴーグル」と検索すると、安い物は¥1000台くらいから高い物は¥50000くらいと様々な商品が出てきます。

私の場合VR初心者なので、スマホにVR用の動画やアプリを入れてゴーグルにセットする最も簡易タイプの物で十分かなぁと…

高い機種はゴーグル内に動画やゲームが内蔵されていて(本格的な物はwifiまで!)付属のコントローラーで操作ができたりするようですね!

⇑¥5000以下で良さそうだったのが上記の2商品です。

2つの違いは「BotsNew」はコントローラーが付属していて専用アプリのゲームができる事。

私は、とりあえずVR映像を見れればいいかなと思っていましたので、安い方の「LUPHIE」を購入することにしました。

届きました!

シンプルでちょっとappleっぽいパッケージ。

内容は本体とゴーグルを拭くクロス、そして説明書だけでした(日本語で記載してありました)

たった¥2000で体感できる臨場感!

使い方はとても簡単です。

最も手軽な使用方法はYouTubeで「VR」と検索するといろんな動画がでできますので、それをiphoneで再生しゴーグルにセットするだけ。

⇑は沖縄のダイビングの映像ですが、自分が水中にいるような臨場感を味わえました。

これは凄い!

⇑iphoneでこのようなVR映像アプリをインストールすれば、スポーツ・トラベル・アニメなどなど様々なカテゴリーを指定して検索でき便利でした。

VRゴーグルを使っている自分を撮影するとこんな感じになってましたw (見ている映像はカヤックで激流下りをしているやつ)

AVを購入してみたらすごかった。

「DMM.18」でVR専用作品を1本購入して見てみました。

もう、今までの2次元の作品では物足りなくて見れないかもw…

とにかく凄いです。

男性諸君はAVだけのためにVRゴーグル購入するのも有りですよ。

誰もがVRを作る時代へ。

AVは置いといて(AVもですが)、このVRってすごい技術ですよね!

いつの間にこんなに進化したんだ?って感じです。

テーマパークや本格的なゲーセンに行かなければ体感できないような事だと思っていたことが、わずか¥2000程の機材で体感できてしまう。

見る側(VRを体感する側)はすごく身近なものになってきました。

では映像を作る側はどうなんでしょう?

さぞかし高価で専門的な機材が必要なのだろうと思いきや、全然作れちゃうんです!

⇑手軽にVR映像が撮影できる、このような360°カメラがあるんですね!

○観光業を営むことになるので、観光地の疑似体験VR動画を作ってPR。
○自転車旅の風景を撮影して、自分では見えない後方や空の映像を見たい。

私なら上記のようなことができます。

とにかくVRという技術がとても身近になり、誰もが当たり前のようにVR映像を撮影して投稿するような時代がくるかもしれませんね。







コメントを残す